・楽器/エフェクター

AcousticSimulator

2014/10/18

BOSSのAcoustic Simulator AC-3です。

BOSS Acoustic Simulator AC-3
久々にコンパクトエフェクターを買いました。(^^♪
同ブランドのコンパクトを購入したのは20年ぶりでしょうか。

なので黒のバックに映えるよう気合を入れて写真を取りました。

PODxtにもアコースティックシミュレーターはあるのですが、
何となく「しっくり」こないのです。

前に所有していたBOSSのマルチ&オーディオI/OのGS10に
内蔵されていたものが良かった記憶があるので今回別途購入しました。

GS10は、GT-8系ですので多分AC-2時代です。
現在は次の型番のAC-3でリバーブも付いています。

BOSS Acoustic Simulator AC-3
コントロールは計4つ。

STANDARD/通常形体のアコギ
JUNBO/大きなボディのアコギ。低音、高音にハリがあります。
ENHANCE/アタックが強いです
PIEZO/いわゆるピエゾのシミュ
TOP/高域、アタック、倍音の調整
BODY/胴体の鳴り、低音の調整

あとはリバーブとレベルコントロールです。

BOSS Acoustic Simulator AC-3
アウトプットは2つ。

ミキサーや録音機材に出力するラインアウトと
ギターアンプに出力するG.AMP出力です。

同時にエフェクト音を出力することはできません。

ライン出力とアンプ出力の共に接続した場合
エフェクトOFF時はアンプ出力に信号が流れ、
エフェクトON時にはライン出力に信号が流れます。

BOSSホームページにあったデモ演奏と、
私が勝手に想像するBOSSブランドに対する期待度により、
ストロークでは正直「こんなものか」という感想でした。

しかし、アルペジオ等ではPODxtのそれより私は好きです。
PODxtのアコギシミュはノイジーですが、AC-3は割と静かです。

小さい音でフレーズを弾く時はAC-3が断然良いです。

PODxtで作った音でDAWにアルペジオを録音している時は
音の後ろで「ジーッ」て鳴っているのです。

もちろん私の音の作り方が悪いのですが。(^^;

BOSSのホームページでデモ演奏を聴いてから
楽器屋さんに足を運んで、試奏して買いましたが
なかなかデモ演奏の音にはなりません。(^^;

使用するギターとアンプによって、
音の印象はかなり変わるタイプのエフェクターです。

購入の場合は、所有ギターと同じタイプのギターで試奏して
買われることをお勧めします。

自分のギターを持ち込んで試奏できればなお良しです。

シングルコイルの方が雰囲気は良いです。
ストラトのフロントの方が多分良いのでしょう。

ハムの場合、コイルタップした方が良いです。
ハムのままではなかなか雰囲気出ません。

センター&フロントのハーフでも雰囲気良いです。

これを付けてもエレキはアコギにはなりません。
エレアコにもなりません。

エレアコとエレキの中間で若干エレキ寄りの
音になります。しかし、エレキよりアコギらしい音です。

そんな音が欲しい方にはお勧めです。(^^♪

しかし、軽くコンプとディレイを掛けてアンサンブルの中に
入れればまた印象が変わってくるので不思議なEFECTです。

-・楽器/エフェクター