・DTMパソコン

iPad mini

2014/11/05

Apple iPad mini Retinaディスプレイモデル
Apple iPad mini Retinaディスプレイモデル
A7チップとM7モーションコプロセッサを搭載したモデルです。

A7は1.3GHz2コアのプロセッサでGPUは4コアのPowerVR G6430。
メインメモリは1GB。

Apple iPad mini Retina
同じA7を採用しているiPad Airの動作周波数は1.4GHzらしいので、
Apple iPad mini Retinaより100Hz動作周波数が高いようです。

フラップカバーTB-A13SPVFGY
ついでにエレコムのフラップカバーTB-A13SPVFGYも購入。
フラップを閉じるとスリープモードになります。

ele02.jpg
高光沢タイプの液晶保護フィルムも付いていますが、
気泡を入れずに貼るのは難しいタイプのシートでした。(^^;

フラップカバーTB-A13SPVFGY
フラップカバーはちょっとしたスタンドにもなるタイプです。

Lightning-USBカメラアダプタ
これも一緒に購入したLightning-USBカメラアダプタ。

Lightning USBカメラアダプタ
手持ちのPENTAX K-30、PENTAX Q10、CANON EOS Kiss X4、
CANON EOS Kiss X5、CANON IXY 30S、どれも取り込みOKでした。

ipadmini04.jpg
試しにUSBメモリを挿してみましたが、
USB3.0タイプは全て消費電力が大きすぎると・・・。

それならとUSB2.0タイプを挿してみましたが
大容量のものはことごとく使用できませんと。

唯一、いつ買ったかも忘れた4GBのUSBメモリ1本だけ使用できました。
100mAまでなんですね。(^^;

iPad mini RetinaのPagesではWord 2013文書が扱えたり、
NumbersではExcel 2013シートが扱えたり。

KeynoteとPowerPointの互換性はまだ試していませんが、
ワードとエクセルデータが概ね扱えるのは助かります。

フォントは流石に差し替えられますが、まぁそれは良し。

seiza.jpg
アンドロイドタブレットとWindowsRTタブレットで使っている
「星座表」のiOS版があったのも助かりました。

使い慣れているアプリが良いです。

私は職場でも自宅でもWindowsなので
OneDriveのアプリがあるのもありがたいです。

使っているうちにキャンペーンやらボーナスやらで
無料分が28GBにもなったOneDriveは重宝しているのです。

ただアップダウンが遅いのがタマニキズ・・・。(^^;

ここまでの確認で取りあえず出先や出張先での
簡単な確認や作業に問題ないことが判りました。

アンドロイドタブレットは主に私用に。

WindowsRTタブレットはofficeが使えるので仕事用に使っていましたが、
アンドロイドタブレットはもう古くなってきましたし、
マイクロソフトはWindowsRTをどうしたいのか判りませんし。(^^;

それならいっそとiPad miniに集約してみようかと。
どうせなら・・・続く。(^^)

-・DTMパソコン