・DTMパソコン

VPN後にシャットダウンできない

自宅で仕事をする際や休日、夜間に発生した不具合に対応するために
職場とVPN接続する端末があるのですが、これが最近調子悪いのです。

シャットダウンしても電源が落ちません。
OSはWindows8.1 PRO 64bit

ディスプレイへ信号は流れておらず、
延々と終了処理を行っている感じです。

10分待てど30分待てどシャットダウンしません。

wud20150801

調べてみるとWindows Updateで更新されたプログラムの影響かもしれません。

再セットアップ時には延々と繰り返されるアップデートに時間を浪費し、
いざ不具合が発生すると原因はアップデートにあったり。(^^;

wud20150802

どうやらVPN接続の後、シャットダウン出来ないのは
更新プログラムKB3013769とKB3000850が原因らしい。

この更新プログラムKB3013769とKB3000850をアンインストールしました。

しかしこのKB3013769とKB3000850は
次回のWindows Updateで上がってくるのです。

一つは重要な更新で、もう一つはオプションの更新で。(^^;

そこで更新プログラムKB3013769とKB3000850をアンインストールした後に
「更新プログラムを確認」してKB3013769とKB3000850を表示させます。

wud20150805

KB3013769とKB3000850が表示されたら
選択肢して右クリックで「更新プログラムの非表示」に。

wud20150804

さて、これでKB3013769とKB3000850がインストールされることはありません。

業務用ソフトがインストールされているので
Windows10proにアップグレードも非表示にしています。

今のところ更新プログラムKB3013769とKB3000850を
アンインストールしてからは正常にシャットダウン処理が出来ています。

最初は何も表示されないのでエラーの内容すら分からず手をこまねきました。

ディスプレイへ信号が流れていないので何も表示されず
延々とHDDが動作しており、いつまで経っても電源が落ちないのです。

リセットボタンを押すか電源ボタンの長押しで
強制的に電源を落とすしか方法がありません。

次回起動時のプロセスに問題が発生したり、
再起動すらうまくいかなかったり。

エラーの内容だけでも分かったら。

そこでPCの設定を変更してみました。

wud20150803

スタートボタンを右クリックして「電源オプション」を表示させます。

wud20150806

「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

wud20150807

グレー表示で設定が変更できない項目を変更できるように、
「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

wud20150808

「高速スタートアップを有効にする(推奨)」にチェックが入っているので、
このチェックを外して高速スタートアップを無効にします。

そして再起動。

VPN接続してVPN接続を終了し、PCをシャットダウン。

そこで出てきたエラー表示が
DRIVER_POWER_STATE_FAILURE

やっとこの不具合を調べられるキーワード入手です。

そして調べた結果、
更新プログラムKB3013769とKB3000850にたどり着きました。(^^)v

・VPN接続後にシャットダウンできないWindows8.1 pro 64bit
・エラー内容はDRIVER_POWER_STATE_FAILURE
・更新プログラムKB3013769とKB3000850をアンインストール

要約して書けばたった3行に今日は時間を費やしました。(^^;

 

-・DTMパソコン