・DTMパソコン

DTM-PC2015 RAID0 その後

2015/05/12

dtmpc20150501

今年になってSSD×2でRAID0を組んだDTM-PC(メイン)。

左がメインでi7-4770K
4コア8スレッド/3.5GHz/TB3.9GHz/メモリ20GBの自作機。

右がサブ機でi7-2600K
4コア8スレッド/3.4GHz/TB3.8GHz/メモリ9GBの自作機。

サブには過去のCUBASEや各社のバンドル版DAW、
フリーのプラグインなどあれこれ入れています。(^^;

RAID0201501

左がRAID0を組んだばかりのベンチマーク結果。
右が今日のベンチマーク結果。

多少スピードは落ちていますが体感できる程の差ではありません。
VST音源の読み込みも速く快適です。(^^)d

hddst20150501

これはデータドライブとして使用しているSeagate ST3000DM001 3TB。
先ほどと同じタイミングでベンチマークした結果です。

ここはユーザーデータとデータドライブにしているので、
CUBASEでの録音データはここに保存されます。

OS等の使用感には影響ありませんが、
CUBASEを起動する時などWAVの読み込みに影響があります。

使っていないデータはバックアップドライブに退避させているので、
そんなに使用領域はないのですがシーケンシャルが落ちていますね。(^^;

デフラグも時々行っていますが、OS標準のデフラグなので
断片化0%と表示されていてもあまり役に立っていません。

それでも起動も終了も機敏なので何の不満もないのですが、
逆にここまで自宅のPCが快適だと職場PCのモッサリ感がなんとも・・・・。

おい、起動するのに何分掛かっとんや。はよ起きぃな。
こら、ウインドウズアップデートいつ終わんねん。
いま大事なとこやねん、バックグラウンドで何や動かんといてや。

さて帰ろうか・・・何でまたアップデートあんねん・・・。(-_-;)

 

-・DTMパソコン