・DTMパソコン

ASUS P8Z77-M PRO

2014/11/03

P8Z77-M PRO
DTMに使っているPCのマザーボードを交換しました。
ASUS P8Z77-M PROです。

ASUS P8Z68-V
これまではASUSのP8Z68-Vを使っていたのですが、
Windows8の認証をパスしたものへの交換です。

Z68-Vでも使えるのですがBIOSが新しい認証規格に対応していなのです。

それとユーティリティ系のソフトのWondows8対応版も
なかなか出てきませんし、もしかしたら出ないかも。(^^;

そこでP8Z77-M PROに交換することに。

MicroATX規格のマザーボードを購入したのは
初めてかもしれません。

最近はマザーボードが多機能化しているので、
拡張ボードを多用することもなくなりました。

p8z77mpro02.jpg
P8Z68-Vに取り付けているメモリやパーツを外していきましょう。

p8z77mpro03.jpg
写真ではあまり判りませんがASUS P8Z77-M PROが
ASUS P8Z68-Vより一回り小さいです。

ともにオーバークロック対応のマザボです。

p8z77mpro04.jpg
ASUS P8Z77-M PROの組み込みが完了しました。

CPUはこれまでと同じ i7 2600K、メモリ12GB、
SSD 120GB、SSD 64GB、HDD 1TBの構成です。

ここからWindows8 64bitをインストールし、
CUBASE7 64bitやVSTiをインストールしていきます。

BCJMczqCQAACgx1.jpg
元の環境まで到達しました。

新しいマザーボードは起動に関する要件をクリアしているので、
Windows8が10秒程で起動します。

10秒程度。(^^)
多少のカスタマイズはしていますが。(^^;

ついでにオーバークロックの設定も作っておきました。

CPUの i7 2600Kは通常で3.4GHz。ターボブースト時では
3.8GHzで動作する4コア8スレッドのCPUですが、
CUBASEでエフェクトや音源の使い方によっては
50トラックでもASIOのパフォーマンスが低下して
ノイズが発生します。

そんな時はオーバークロックで使っています。(^^)

oc.jpg
安定重視のオーバークロック設定ですが4.4GHzで動作しています。

CUBASEの動作にも余裕が生まれるので、
多くのトラックを使用することができますね。(^^)

いつもは省エネ設定で使っているので、
限界を感じた時だけオーバークロック設定にしています。

クリーンセットアップ直後なので安定度も高いですし、
ここらでバックアップを作っておきましょう。

何かの参考案までに。

-・DTMパソコン