・VSTプラグイン

EZ DRUMMER2 マルチアウトで遊ぶ

2015/05/18

EZ DRUMMER マルチチャンネルアウト

EZ Drummer2のマルチアウトを使って
それぞれの音色に個別のエフェクトを使ってみました。

Multi-out stereo channelsはマルチチャンネルアウト、
パラアウト、パラレルアウトと呼ぶこともあります。

 

EZ Drummer2 The Modern library Basic Sound

ezd2modern01

EZ Drummer2を起動してモダンライブラリーのプリセットから
ベーシックを選択しています。

CUBASE8では何もしていません。

これをマルチアウトを使ってキック、スネア、タムなど、
それぞれにEQやプラグインエフェクトを使っていきます。

 

EZ Drummer2 Multi-out Sample1

キック、スネア、タム、シンバル、ハイハット等のインストゥルメントごとに
個別にイコライザーとマルチバンドコンプレッサー、
リバーブなどのプラグインエフェクトを使用しました。

EQとマルチバンドコンプレッサーで
インストゥルメントごとの周波数帯のかぶりを調整したので
ドラムトラック内で棲み分けが出来た分、音圧を少し上げることができました。

また、キック、スネアはアタックを強調して
元のトラックより少し目立つようにしています。

前半部分より後半部分の方がその効果が判りやすいでしょうか。

ドラムトラックだけなので音場を広くとっていますが、
ベースやギターなど他のトラックを入れた時に
ドラムの定位をもう少し狭くしたい場合があるかもしれません。

その場合はドラムトラックにMS処理を行って
Sideを調整することでバランスを取りましょう。

ドラム用のBus(グループチャンネル)を作成しておけば
マルチチャンネルで作成したトラックの扱いが簡単です。

個別にエフェクト処理を行ったあとにグループチャンネルで
更にまとめてエフェクト処理を行うということができます。

 

EZ Drummer2 Multi-out Sample2

これはもう悪ふざけです。(^^)

スネアにフィルターとディストーション。
後半はフランジャーにパンとフィルターをいくつか。

途中キックもパンで振っています。

もう最初のベーシックな面影はありません。(^^;

オートメーションでプラグインエフェクトのオンオフや
設定の変更などを活用すれば、数小節だけラジオサウンドとか、
蓄音機サウンド、シンセドラム風に加工したサウンドなど、
もっと無茶苦茶なこともできます。笑

別トラックで作った方が楽ですが。(^^;

 

Playlists

最後に今回使用したトラックをプレイリストにまとめています。

1. EZ DRUMMER2 Basic
2. EZ DRUMMER2 Multi - Out
3. EZ DRUMMER2 Multi - Out2

簡単なドラムトラックですが
同じ個所での違いを聴き比べると面白いかもしれません。

私はSoundCloudの無料アカウントなので
ブラウザでのストーリーミングではmp3/128kbpsで再生されます。

ダウンロード可の設定にしているので44.1kHz/16bitのデータですが、
高域などの違いが聞き取り難い場合などにご活用ください。

 

-・VSTプラグイン