・VSTプラグイン

Tek’it Audio MScontrol

Tek’it Audio MScontrol

MScontrolはMidとSideも別でソロ、ミュート、ゲイン、パンニング、位相反転が可能なMS処理に関するプラグインです。

無償となっていたので入手しておきました。(^^)


MS処理とは?

通常、DAWではL/Rで信号処理を行います。

これをMidとSideの別で処理を行うことをMS処理といいます。

このブログでもMS処理について何回か書いています。
MS処理
MS処理まとめ2015年版

MS処理が可能な無償プラグインは「MS処理まとめ2015年版」でいくつか紹介しています。

有償プラグインでは

Waves Center

Waves Centerはサイドコンテンツからファントムセンターを分離させるプラグインで、センター定位のボーカル等を前に出したり引っ込めたりすることができます。

また、サイドを調整することでステレオ感を調整したり、モノラルの互換性を高めることも可能なプラグインです。

S1 MS Matrix

Waves S1 Stereo Imager は、Shuffler、 Imager、MS Matrixの3種類のツールを含むプラグインです。

この中でS1 MS MatrixがMSのエンコーダー/デコーダープラグインです。

Shufflerや Imagerでステレオ幅や傾き、バランス等のステレオ感を調整することが出来ますが、S1 MS Matrixでもっと積極的にMS処理を行うことができます。

話を戻してMScontrol

ざっとMS処理についてと有償プラグインについて書きましたが、Tek’it Audio MScontrolはこのMS処理のうちソロ、ミュート、ゲイン、パンニング、位相反転が可能なプラグインという訳です。

また、無償プラグインでもエンコード/デコード機能もあることからMS処理に興味がある方には重宝しそうなプラグインです。

入手先アドレスは
https://tekit-audio.com/products/effects/mscontrol/

販促メールを受け取ることが条件でプラグインを入手できます。

outlookメールなどでは最初の登録メールが迷惑メールに振り分けられていることがあるので、登録後にメールが届かない場合は迷惑メールとなっていないか確認してみましょう。

Windows版ではMScontrol-Installer.zipで9.33MB程度のダウンロードサイズです。

CUBASE 9シリーズからは64bit版のプラグインしかサポートされていないので、インストールするプラグインは64bitのVST3版だけで良いでしょう。

 

-・VSTプラグイン