ES-335

Epiphone ES-335 1959 DOT
Epiphone ES-335 1959 DOT

・Mahogany body
・Mahogany neck
・Rosewood fingerboard
・Dot inlay
・Epiphone USA Alnico Classic Humbucker neck pu
・Epiphone USA Alnico Classic Humbucker bridge pu
・color Cherry

ネック裏にEpiphone COSTOM SHOPの
リミテッドエディションである刻印がありますが、
HAND-CRAFTED IN CHINAのシールも貼ってあります。(^^;

Epiphone Les Paul Standard Plus-Topでは仕込みが
荒いと感じたのですが、このギターは合格点でした。

最初に付いている弦と指板のクリーニング不足で弾くと
指が真っ黒になりますが、指板をオイルでクリーニングし、
弦を交換すれば全く問題ありません。(^^)

ピックアップはレスポールモデルに付いているものと同じですが、
ボディ構造が異なるため随分と違って聞こえます。

どちらも安価な入門用モデルとはいえ、
やはりギターは壱にネック、弐にボディです。

セミ・ホロウボディのギターは初めてでしたが、
思ったよりソリッドな音がするものなのですね。

それでも家で軽く手に取って弾くと、
ホロウ特有の生音は何とも気が休まります。



シェアする



コメント

  1. REACH_rh より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ももさんこんばんは
    待ってました!
    チェリィーレッドのセミアコ!
    若き頃からセミアコに憧れていた私にとって
    とても魅力的に映ります
    そして、このももさんのブログのトレードマーク的に
    感じているので、ますます気になってます
    とてもかっこいくてステキですうふ(*´艸`*)?

  2. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    REACH_rh さん、こんばんは。
    ずっとHR/HMなどの曲が好きで弾いていたので、
    ギターもそれに合う種類に目が行くことが多かったです。
    時には落ち着いたギターもいいかなと思って購入したのですが、
    生音で弾く暖かさはとても好く、ブルージーなフレーズや
    70’R&Rを弾いて遊んでいます。
    安価なギターですが家で使うには十分ですし、
    佇まいもなかなかイカしています。(^^)