・DAW ・DTMパソコン

WindowsUpdate後のCUBASE起動時の不具合

Cubase PRO 8.5

Windows Update後にCUBASEを起動するとアクセス設定の問題によるエラーが発生しました。

以前にも同じようなことがあったので同じ手順でこのエラーを回避してみます。

私の環境は自作PCでWindows10 PRO Ver.1607 build 14393.223、いわゆるアニバーサリーアップデート(Anniversary Update)とかレッドストーン(Redstone 1)の状態です。

CUBASE はCUBASE PRO 8.5.20 64bit Built on Apr 29 2016 です。


Windows Update後のCUBASE起動時のメッセージ

cubase20161002

CUBASE起動時にeLicenser Controlが読み込まれるのですが、この際にeLicenser Controlがメッセージを返して来ます。

この時点で以前と同じアクセス権限か何かの問題だろうなと。(^^;

cubase20161003

次に表示されたウインドウです。

とりあえず、CUBASEを終了します。

eLicenser Control Centerの動作を確認

cubase20161004

eLicenser Control Centerを起動します。

cubase20161004

eLicenser Control Centerのメーニューから「操作」を選択し「メンテナンス」を選択します。

オンライン同期およびメンテナンスのウインドウが表示されるので、ここでメンテナンスタスクの実行を行ってみました。

アクセス権限に問題があるなら内容にアクセスできないのでエラーとなるはずです。

cubase20161005

案の定、エラーが返ってきました。

cubase20161006

ステップ6で失敗しています。

アクセスできないので情報が読み取れないのでしょう。

アクセス権限の変更

cubase20161007

スタートメニューからeLicenser Control Center本体のプログラムに移動します。
「ファイルの場所を開く」を選択します。

cubase20161008

ここではまだスタートメニューに表示さるためのショートカットがあるだけなので、更に右クリックでファイルの場所を開きます。

cubase20161009

eLicenser Control Centerのプログラムは「eLCC」という名称です。

cubase20161010

右クリックでプロパティを表示し、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。

これで「管理者権限」で起動できます。

しかし今度はeLicenser Control Centerの起動時にユーザーアカウント制御のウインドウが表示され「はい」「いいえ」の選択画面が表示されるように。(^^;

とりあえずこの状態でeLicenser Control Centerを起動し、もう一度メンテナンスタスクの実行を行ってみました。

cubase20161011

管理者権限で実行している状態なので、今度はステップ6がOKとなりました。

問題は「ユーザーアカウント制御」です。

cubase20161012

そこでもう一度eLicenser Control Centerのプロパティを開き、先程チェックを付けた「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックを外してみます。

これでユーザーアカウント制御のウインドウは表示されずにeLicenser Control Centerが起動します。

念のため、ここで一度パソコンを再起動しておきます。

無事に起動したCUBASE PRO 8.5

cubase20161013

再起動後にCUBASEを起動すると何事もなかったかのように起動します。(^^;

eLicenser Control Centerを起動してメンテナンスタスクを実行したのは動作確認の為なので、結局のところ、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れて更新、チェックを外して更新すれば紐付けは元に戻るのかもしれません。

私の環境での結果なので、全てにおいて同じ結果というわけではありません。
備忘録として記しているだけなので、自身について実行される場合は自己責任でお願い致します。

いかなる一切の責任は負いかねます。

ライセンス管理は慎重に。m(_ _)m

 

-・DAW, ・DTMパソコン