・DTMパソコン

Windows8

2014/10/31

2012年10月26日Windows8が発売されます。
少し情報を整理してみます。

旧OSをWindows8Proにする「Windows 8 Proアップグレード版」
32bit/64bit両用パッケージで価格は6,080円前後。

ダウンロード版は「Windows.com」にて3,300円で販売。

2013年1月31日(木)までの大盤振る舞いらしい。
それを過ぎると25,800円て本当なのか。(^^;

パッケージ版はアップグレードのみで新規インストールではない。
自作PCに新しくOSを入れるにはDSP版のWindows8が必要なのだ。

これまでと異なる点はDSP版を単体で買えること。

Windows 8 DSP版が1万1000円~1万3000円前後、
Windows 8 Pro DSP版が1万6000円~1万8000円前後。
DSP版もキャンペーンはあるようだ。

そんなことはどうでもいい。

Windows 8がサポートする映像コーデックはH.264、VC-1、WMVの3種類。
H.264もMP4のみで.m2tsなどのAVCHD動画が実質再生できない。

標準ではDVDが再生できないWindows8なのだ。(^^;

DVD再生ややメディアセンターの機能をフルに使いたければ
Windows 8 Media Center Packを買えという。

Windows 8 Proアップグレード版(パッケージ)では、
別売予定のWindows 8 Media Center Packを
2013年1月31日(木)まで無料で追加できる。

サードパーティ製のソフトがあれば問題ないのだが。

たとえば今使っているPower DVD や WinDVDを
インストールすれば良いのだ。

新OSが出ると、今使っているソフトが一斉にバージョンアップに
なるのでお財布の中身な付いていかなくなる。

なので今回のキャンペーン価格は
今までになかった大盤振る舞いなのだ。

アップルのOSの売り方を意識しているとも
アプリの売り方を意識しているといえなくもない。(^^;

でも思う。

Windows8はこれまでの流れでいうとハズレOSなのだ。

アプリ販売の基盤を作るために大盤振る舞いの
必要があるのだろうし、結果販売本数はハズレのわりに伸びる。

でも思う。

いつもSP1あたりでOSらしくなる。

本当のOS(Windows8(SP1))を作るための
大々的なベータ版販売キャンペーンなのだ。

悪口言っているが、私はWindows95,98,98SE,me,
2000,XP,Vista,7と律儀に付き合っている。

悪口言っているが結局好きなのだ。

いや、自作PCではWindowsしか選択肢が無い。(^^;

なんだかんだ言って人柱になってWindows8でCUBASEや
VSTプラグインを走らせてテストしているのだろう。

時間があれば。(^^)

-・DTMパソコン