・DTMパソコン

Windows10 Service Release 1

Windows10

サブ機にインストールしたWindows10。
アップグレードでは何かモッサリしていたのでクリーンインストールしています。

まだCUBASE8など手持ちのDTM関連ソフト&機器の全てが
Windows10に対応していないのでメインPCはWindows8.1のまま。

30814240

時々、Windows10を起動して触っているのですが、
Windows Update KB3081424の更新後から
再起動などの処理が速くなった気がします。

噂ではこのKB3081424は累積アップデートの
Service Release 1とも言われています。

しかしこのSR1、一部では断続的な再起動のループに陥る現象が起きていたようで、
アップデート失敗→元に戻す→アップデートの繰り返し。

Windows10から自動アップデートに変更されたので
この現象に当てはまると失敗→戻す→更新が
Windows Updateのタイミングで繰り返されます。

幸い私の環境では何も起こりませんでした。

もし暫くアップデートが行われていないようなら
念のため最新のアップデートを適用しておきましょう。

win10ver

今日現在のWindows10最新ビルドは10240のようです。

検索でwinver.exeと入力してプログラムを実行すると
キャプチャの画面が表示されます。

winver.exeはwindowsのバージョンを表示するプログラムで、
C:\Windows\System32の中に格納されています。

winver

winver.exeはWindows7/Windows8にもインストールされています。

ちなみに今日現在のWindows7ではバージョン6.1(ビルド7601 Service Pack1)、
Windows8.1ではバージョン6.3(ビルド9600)となっていました。

慣れれば使い勝手の良いWindows10なのですが、
周辺機器などの対応はまだ暫く掛かりそうですね。(^^;

 

-・DTMパソコン