・周辺機器

Windows Live Mesh

2014/10/10

いや~驚いた。何の事かって?

Windows Live Essentials (旧名: おすすめパック) にある
Windows Live Mesh である。

2台のPCをリモート操作できるのである。

Windowsの中でもプロフェッショナルグレードか
Symantec pcAnywhereのようなソフトがなければ出来なかったことが
ホームグレードOSで可能になってしまった。

Windows Live Mesh
私はメインPCとサブPCの2台でDAWを行っているので、
CPU切替器を使用していたのだが、これが早々と不要となった。(^^;

上のキャプチャは、Windows Live Meshを起動してメインPCでサブPCを
操作しているところである。

下のキャプチャは、メインPCからサブPCのCubaseを起動したところである。

Windows Live Mesh
また、フォルダの同期や Windows Live SkyDrive でも同期がとれるし、
SkyDrive上でデータのやり取りができるのである。

最近はネット環境も高速になっているので、スムースに操作が可能であった。

ネット環境とこのリモート操作があれば、DAWの環境も変わって
くるのかもしれない。

しかし、気になる事がない訳ではない。
会社と自宅でこのソフトを利用する人もいるだろう。

会社のPCを自宅で操作できるのである。

会社で自分が使っているPCならパスワードも覚えているだろうから、
業務用ソフトもリモート操作できてしまう。

企業の機密はどこえやらでる。
PCの進化にモラルがついていくのであろうか。

システム管理者と呼ばれる職にある人には、便利な機能であると
同時に、不正な利用がないか管理する業務も増えることになる。

ムーアの法則やら企業競争やらで、PC業界の進化スピードは速い。
しかし、それを扱うのは人であり、人の進化はゆっくりなのである。

また、国によってもモラル意識の差は大きい。

もし、自宅のPCに知らずと「何か」が潜んでいた場合、
その被害はこれまで以上となることは想像に易い。

便利なようで実はかなり怖い事かもしれないのである。

-・周辺機器