・DAW

win8+cubase6.5

2014/10/31

801.jpg
Windows8/64bit に CUBASE6.5/64bitをインストールしてみました。

最初、Windows7/64bitからアップグレードした際にできた、
Windows.oldがアクセス権限の問題から削除することができなかったので
Windows8をクリーンインストールしました。

802.jpg
これでドライブの中も綺麗です。(^^)
とりあえずDTM関連をインストールしてみました。

細かなところまでは触っていないので判りませんが、
特に気になる不具合は無いようです。

803.jpg
CUBASE6.5のインストール時にMicrosoft .NET 3.5 Frameworkが無い!
と言ってくるので事前にインストールしておきましょう。

あとはスタインバーグのサイトにあるように
Steinberg Audio Power Scheme を有効化の
オプションを無効にする必要があります。

804.jpg
Windows8/64bitとCUBASE6.5の組み合わせで
DAWを起動したところです。

問題なく再生されていました。

805.jpg
オーディオインターフェイス UR28Mの設定ですが、
クリーンインストール直後ということもあってか、
バッファサイズ96サンプルで全然大丈夫でした。

インプットレイテンシーが5.011。
アウトプットレイテンシーが5.986。

入出力ともレイテンシーは5ms程度となりました。

これにVSTプラグインの相性が悪いやつを入れたり、
32bitプラグインを混合して多用すると直ぐにピークが近くなってきます。

プチプチする場合やレイテンシーが詰めれない場合、
特定のVSTプラグインを外すと改善する場合もあります。

なお、スタインバーグのサイトでは
「お使いの製品との互換性が確認されるまではサポート対象外となりますので、
OS のアップデートはお控えになるよう、おすすめいたします。」

このようにアナウンスされているので、
くれぐれも自己責任でチャレンジしてください。

何かの参考までに。

-・DAW