・VSTプラグイン

VSTの読込設定

2014/10/17

CubaseでのVSTの読み込み設定です。

Cubase VSTのパスと読み込み
動画キャプチャは、下記ホームページに掲載しております。
http://hwm7.gyao.ne.jp/shelly/

※現在は公開しておりません。

まず、VSTインストゥルメント、プラグインの
インストールされた場所を確認します。

64bit版と32bit版は別のプログラムファイルフォルダに
なっているので、64bit版を使っている場合は、両方のフォルダを
確認します。

VSTインストゥルメント、プラグインのファイルの拡張子は「dll」です。

よってファイルは「○○○○.dll」となっています。
このDLLファイルが格納されているフォルダをCubaseに登録します。

ただし、すべてのフォルダを登録する必要はありません。

たとえば「VST」というフォルダの中に、各社のVSTや
ダウンロードしたVSTがある場合、一番上の「VST」というフォルダを
Cubaseに登録すれば、「VST」以下のフォルダの中身のVSTを勝手に
読み込みます。

動画の最後の方ですが、プラグインが格納されているパスを登録した
あとに「プラグイン情報の更新」をしておりません。

本来は、パスの登録を行った後に、更新を行い読み込むのですが、
環境により、読込中にフリーズしてしまうことがあります。

この現象は、64bit.32bitの混在環境で起こりがちです。

ですので、面倒ですがパスを登録した後はいったんCubaseを終了します。
再度起動すると、起動プロセスの中で、先ほど登録したフォルダの
VSTファイルを検索しますので、起動後は読み込まれている状態です。

起動後、Cubaseのデバイスより、プラグイン情報を見てもVSTが登録
されていない場合は、もう一度パスに誤りがなかったか確認してください。

-・VSTプラグイン