・作曲/理論/音響

T-D-SD

2014/10/12

前回、ディグリーネームについて書きました。

楽譜
センテンスだけ書けばこんな感じでしょうか。
「C-D-E-F-G-A-B-C」
「1-2-3-4-5-6-7-8」
「Ⅰ-Ⅱm-Ⅲm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵm-Ⅶm-Ⅰ」

今回は、「T-D-SD」についてです。

読み方は、
T=トニック
D=ドミナント
SD=サブドミナント

トニックは、安定した響きを持ったコードで出発点、目標点にあたります。
トニックは「Ⅰ」です。
ドミナントは、不安定な響きを持っており、出発点、目標点である
トニックに繋がることで安定を得ることができます。
ドミナントは「Ⅴ」です。

サブドミナントは、装飾的な役割を持っており、ドミナントへと繋がります。
サブドミナントは、「Ⅳ」です。

トニックからは、
トニック、ドミナント、サブドミナントのどれにも行くことが出来ます。
T(Ⅰ)→T(Ⅰ)
T(Ⅰ)→D(Ⅴ)
T(Ⅰ)→SD(Ⅳ)

ドミナントからは基本的にトニックに行きます。
D(Ⅴ)→T(Ⅰ)

サブドミナントからはドミナントやトニックに行きます。
SD(Ⅳ)→D(Ⅴ)
SD(Ⅳ)→T(Ⅰ)
※宗教音楽ではSD(Ⅳ)→T(Ⅰ)の進行もあります。

この法則でコード進行を組み立てることができます。

Cをトニックとして、いくつかの組み合わせで適当に弾いてみて下さい。
トニック=C(Ⅰ)
ドミナント=F(Ⅳ)
サブドミナント=G(V)

違和感なくトニックに戻れた、または次の進行で戻れますか?

・トニック、ドミナント、サブドミナントの組み合わせパターン
・ディグリーネームのパターン
・循環コードのパターン

この3つがあれば曲作りもスイスイです。

何かの参考までに。

-・作曲/理論/音響