・VSTプラグイン

Superior Drummer 3 発売

Superior Drummer 3

2017年9月12日(本国)、Toontrackより「Superior Drummer 3」が発売されます。Superior Drummer 2.0のサウンドライブラリが約19GBに対してバージョン3は約235GBとなっています。
日本でも同月中にはクリプトン・フューチャー・メディアより発売されることでしょう。

標準搭載のドラムセットも1種類から6種類に増えました。

サウンドライブラリはRAW(未加工データ)で44.1 kHz / 24bit となっているようです。


かなり待ったぞ! (^^)

Superior Drummer2.0が発売されたのは2008年8月でした。

ライバル音源であるBFD3が2013年10月7日に発売され、55GBのデータは155GB相当のサンプリングに相当するものとなっています。
解像度はBFD2の3倍です。

BFD2が発売されたのは2008年2月のことでした。
Superior Drummer2.0が発売されたのは2008年8月。

2013年10月にBFD3が発売されたときはSuperior DrummerもそろそろVer.3かと期待してS3.0が待ち遠しいという記事を書きました。

EZ Drummer2

2014年5月6日にS2.0の下位音源で入門用ドラム音源 EZ DRUMMERがバージョン2となりました。

よし!次はS3.0の登場か!と期待し続けてはや数年・・・・。

やっとS3.0ことSuperior Drummer 3 の発売です。(^^)

Superior Drummer 3

Toontrack社によるSuperior Drummer 3の公式動画です。

Superior Drummer 3の特徴は、
・230 GB以上にも及ぶ未加工の44.1 kHz / 24bit サウンド
・完全なる「没入感」を得るために、サラウンド構成でセットアップされた11の追加ルームマイクでも収録
・ステレオから最大11チャンネルのサラウンドに対応
・巨匠George Massenburg がエンジニアを担当
・オフラインオーディオからMIDI への変換に対応
・約350種のヴィンテージ・ドラムマシン・サウンドを収録
・35種類のミキサー・エフェクト
・ウィンドウの着脱やサイズ調節も可能な新しいインターフェイス
・プレイスタイル、Tap2Find、ソングクリエイター、ソングトラックなど、収録MIDI グルーブの検索機能とワークフローが大幅に改善
・MIDIグリッドエディタを新規搭載
・マクロ・コントロールをDAW オートメーション可能
・オーディオ・サンプルをインポート可能
・キーボードショートカットに対応

6キット、25スネア、16キックとS2.0から大きな進化です、しかも230GB・・・。

GUIもEZ DRUMMER2に近いものとなっているようです。

これはPro Tools ExpertによるSuperior Drummer 3新機能関連の動画です。

Superior Drummer 3 は生データのサウンドライブラリが収録されており、詳細に作りこんでいくことができるドラム音源です。

EZ DRUMMER2 はプロ職人の手によって予め加工されたデータの音源です。

私はEZ DRUMMER2用拡張キット「Metal Machine EZX」を使うことが多いので、後にこのRAWデータである「Metal Machinery SDX」をSuperior Drummer2用に購入しました。

簡単にドラムトラックを使いたい時はEZ DRUMMER2、作り込みたい時はSuperior Drummer2。

似通った音にしたくない時や同じ時期に作りすぎて音に飽きた時(笑)は FXpansion BFD ecoやBFD3を使っています。

そして時々、 IK Multimedia SampleTank 3 や CUBASE PRO 9 に付属してるHALion Sonic SE 2のドラム音色を使っています。

ドラム音源は充実しているようですが・・・・多分、買います。(^^;

 

-・VSTプラグイン