・VSTプラグイン

SUPERCHARGER

2016/09/26

ni01.jpg
Native InstrumentsでHappy Holidaysが行われています。

コンプレッサーとTRAKTORのRemix Decksで使用できる
TRAKTOR REMIX SETS、NIオンラインショップで利用できる
2,500相当のE-バウチャーが貰えます。

期間は12月31日まで。

実をいうと私はWAVESやNative Instrumentsといった王道は、
最後の楽しみとして避けてきているのですが、
もらえるなら話は別です。(^^)

ni04.jpg
SUPERCHARGERは2014年1月から4,800円で
オンラインショップにて販売されるようです。

ni02.jpg
無料のうちに是非ゲットですね。(^^)

早速、SUPERCHARGERをダウンロードしてみました。

SUPERCHARGERは真空管コンプレッサーをシミュレイトした
プラグインで、Mac OS X 10.7または10.8、
Windows 8, Windows 7で利用できるようです。

AU, VST, RTAS, AAXに対応しています。

私はWindows8.1 64bit+CUBASE7.5 64bitの環境に
64bit版のプラグインをインストールしましたが、
問題なく動作しています。

SUPERCHARGERはドラム、ボーカルなどの個別トラックに
使用すること前提で作られているのでしょう。

Native Instrumentsのサイトを見ると、
ヴォーカルに温かみを加えたり、力強さを与えたり。

ドラムに破壊的なニュアンスを加えたり、
パワーを極限まで引き上げたり。

アコースティックギターにも有効なようです。
基本的にはワンノブ操作なのですが、
Punchでslower attackにしたり、
Dirtでサテュレーションを加えたりできるようです。

また、サイドチェインに対応していますし、
ドライ音とウェット音の調整も可能です。

いま作っているプロジェクトに当ててみましたが、
なかなか良い感じでした。(^^)

CUBASE7(7.5)に搭載されているVoxengo CurveEQで
M(Mid)とS(Side)の別でEQ処理を行い、
軽く広がりを出していたのですが、
Voxengo CurveEQをオフにしてSUPERCHARGERを使用すると
同じような効果が得られました。

EQとコンプレーッサーではニュアンスこそ少異なりますが
使い方によってはどちらも広がりを与えることができます。

これは良いものを頂きました。(^^)

ni05.jpg

ちなみにNative InstrumentsといえばKOMPLETEですが、
無償版のKOMPLETE PLAYERSというものがあります。

REAKTOR 5 PLAYER、GUITAR RIG 5 PLAYER、
KONTAKT 5 PLAYERという3つのプラットフォームで構成されており、
NIオンラインショップで購入したインストゥルメントやエフェクトで
拡張していくこともできます。

KONTAKT 5 PLAYERは50音色のインストゥルメントである
KONTAKT FACTORY SELECTIONが無償ダウンロードできます。

REAKTOR 5 PLAYERは200プリセットのシンセサイザーである
REAKTOR FACTORY SELECTIONが無償ダウンロードできます。

GUITAR RIG 5 PLAYERはアンプ1台と17基のキャビネット
そして13個のエフェクト等を搭載したアンプシミュレーター。

Native Instruments製品に興味のあるかたは併せてどうぞ。(^^)

-・VSTプラグイン