・DTMパソコン

SSD vs HDD

2014/10/18

先日ノートパソコンのHDDをSSDに交換したので
早速ベンチをしてみました。

WD Scorpio Blue 160GB
ノートパソコンに入っていた WD Scorpio Blue 160GB です。

CFD SSD CSSD-SM60NS1Q
今回換装した CFD SSD 60GB です。

コントローラチップは、SandForce SF-1222
製品の型番は CSSD-SM60NS1Q と記載があります。

WD Scorpio Blue 160GB
CrystalMark2004R3で測定した WD Scorpio Blue 160GB です。
5400rpmであることや販売年度でいうとこんなものでしょう。

CFD SSD CSSD-SM60NS1Q 60GB
今回購入した CFD SSD CSSD-SM60NS1Q 60GB です。
HDDとは比べ物にならないベンチ結果です。

INTEL SSD X25-V 40GB
DTMパソコンに使っている INTEL SSD X25-V 40GB です。

これでも十分満足のいく速さなのですが、
今回買ったSSDの Write項目は、2倍から3倍速いです。
安かったのでもう1個買っておけば良かった。(^^;

今度は CrystalDiskMark3.0.1 のベンチです。

WD Scorpio Blue 160GB
WD Scorpio Blue 160GB
過去に計測した 3.5"HDD より格段に遅いです。

CFD SSD CSSD-SM60NS1Q 60GB
CFD SSD CSSD-SM60NS1Q 60GB
パッケージ記載の速度までは出ていませんが
さすが最近のSSDは速いです。

ただ4kのWriteが「?」ですね。
また時間がある時に調べてみましょう。

INTEL SSD 40GB
INTEL SSD X25-V 40GB
ここでようやくINTELの底力を見ることができました。(^^♪

OSの体感速度に関係するであろう4kのReadとWriteは
INTELに軍配があったとみて良いでしょう。

CrystalMark2004R3のベンチ結果だけでは見えなかった部分が
CrystalDiskMark3.0.1でみることができました。

それで、どちらが体感的に速いと感じるか。

ノートPCがチョイと古いので、
デスクトップのINTEL SSDの方が速く感じます。

それでもノートPCは別物と思えるほど機敏になりました。

ディスク容量が160GBから60GBに減りましたが、
NASもあることですし、そんなに不便はありません。

これで暫くノートPCを買い換えなくても
ストレスフリーでいけそうです。(^^♪

-・DTMパソコン