・DTMパソコン

SSDの健康状態

2014/10/18

今回は、Intel SSD Toolbox を利用して、SSDの健康状態を見てみます。

INTEL SSD X25-V 40GB
Re-Allocated Sector Count
工場出荷後に、不具合のために交換された
フラッシュメモリーのブロック数。

Power-On Hours Count
電源ONの累積時間。

Power Cycle Count
電源ON/OFFの累積回数。

Unsafe Shutdown Count
安全でないシャットダウンが起きた累積回数。

Host Writes
PC によって書き込まれたデータ量。

Available Reserved Space
予約領域の残っている数を表す。
正規化した (Normalized) 値は、100 パーセントを表す 100 から始まる。
正常の範囲は 10 パーセントまで。

Media Wearout Indicator
記録メディアであるフラッシュメモリーの使い込んだ程度を表す。
平均消去回数が増えるにつれ、正規化した (Normalized) 値が
100 から 1 へ減少していく。

End to End Error Detection Count
ドライブ内のデータ経路において、LBA タグチェックの際に起きた
エラーの回数を表す。

説明が長くなったのでスクロールして戻らないといけませんが、
上の図は最初に買った、INTEL X25-V 40GB です。

1182回も電源のON/OFFを行い、1032時間稼動し、
予期せぬ終了が52回もあり、1.44TBも書き込まれ・・・
酷使されております。(^^;

それでもフラッシュメモリーの使い込んだ程度は新品の状態から-2です。

もう1.44TBも書き込んだようです、40GBのSSDに。
では、後に購入した INTEL X25-V 40GB はどうでしょう。

INTEL SSD X25-V 40GB
480回の電源のON/OFFで、468時間稼動し、
予期せぬ終了が13回あり、507.56GB書き込まれています。

色々と実験みたいなこともやっていますから、
予期せぬシャットダウンの回数は多いのでないでしょうか。

この Intel SSD Toolbox は、HDDの情報も見ることが出来ます。

他のメーカーのSSDも見れるかどうかは試していません。

データドライブのHDDを見てみたところ、
872回の電源ON/OFFで839時間しか稼動していません。

メインのSSDより稼働時間が短いです。

そういえば、データドライブのHDDは
アクセスが無いときは勝手に寝ています。

それにしても驚いたのは、このデータドライブのHDD、
ライトは 36.93PB、リードは 48.45PBでした。

ペタバイトという単位をまさか自分のパソコンで
見るとは思いませんでした。(^^♪

インテルのSSDツールボックスについて、
SSD速度改善(リンク付)という記事でも書いてますので

何かの参考までに。

-・DTMパソコン