・楽器/エフェクター

ダンカンSH-4 換装の感想

2015/04/02

ptc20150307

先日、シェクター Diamond Series PT COSTOMのピックアップを
Seymour Duncan Design HB102 から Seymour Duncan SH-4に換装しました。

sd102

ダンカンデザイン HB102SH-4の廉価版なので
ピックアップをグレードアップした形です。

換装前は音の傾向に大きな変化は無いままで、
ノイズ面や出力面等が改善されればと。

sh4201501

HB102からSH-4に実際に換装した結果はどうだったのでしょうか。

周波数の出力バランスが若干異なるのでしょうか、
音のイメージは似た傾向ですが高域がより目立ちました。

少し暴れ気味なのでSH-4はHB102より
ピックアップを低くセットしました。

ハーフトーンはネックとリアで仕様が異なるHB102の方が綺麗でした。
SH-4はネック用、リア用の区別がないので仕方ありません。

これもピックアップの高さを低くしてある程度改善できました。

歪ませた時の音のツブ立ちや
ピッキングハーモニクスはさすがに良いですね。(^^)

高域の特性を考えるとマホガニーボディが
SH-4には一番合うのかなと思いす。

もちろん弾く曲やエフェクターの特性、好み等にもよりますが。
せっかく換装したけどやっぱり高域のクセが少し強いと思う場合。

SH-4 JB Modelはアルニコ5が採用されたピックアプで、
D.C Resistance 16.40k、Resonant Peak 5.50kHz、
EQ特性はBaas 5/Mid 6/Treble 8というピックアップです。

SH-4の仕様をみても中高域に
特性が振られているP.U.であることが判ります。

ダンカンのサイトにも書いてありましたが
250kΩのポットを採用することもありでしょう。

ギターによってはフィンガリングノイズが気になる場合も。

換装によって巻弦の倍音や
フィンガリングノイズが気になる場合は、
エリクサーやクリアトーン等のコーティング弦を
使用すると少し落ち着いた印象となります。

弦の寿命も長いですし、最近では出力が高くなるものも。

SH-4に限らず、ピックアップの換装による印象の変化は、
ピックアップの高さや使用する弦の種類を変えることで
微調整できるので、ぜひ一度お試しください。(^^)

 

-・楽器/エフェクター