・楽器/エフェクター

SH-4が好き。

2014/11/03

s50708.jpg
Elioth S507に搭載されているSeymour Duncan TB-4。
このピックアップの音を聞いて少し感じたことがあります。

TB-4はフェンダー系のブリッジ寸法に合わせて作られた
トレムバッカーで、ギブソン系のブリッジ用ではSH-4になります。

ダンカンのサイトではSH-4とTB-4が一括りにされていますが、
SH-4の方が明るく抜ける印象を持っているのは私だけでしょうか。

それでも近い音ではありますが。(^^;

私はギターを録音する時、
LINE6 POD HD500 を使用することが多いです。

HD500には多くのアンプモデリングがありますが、
その多くはオールド、ビンテージに属するアンプです。


それらのアンプモデリングとTB-4の相性が良かったのです。

上のギターは少し前の記事で掲載した音ですが、
それならSH-4はもっと良いだろうと。

昔にSH-4に換装したギターを好んで使っていたのを思い出しました。(^^)

我が家のギターのリアピックアップは、
Ibanez j.COSTOM RG8270F/Dimarzio:Tone Zone
B.C.Rich Mockingbird Exotic Classic/Rockfield:Mafia
Schecter PT COSTOM/SeymourDuncanDesign:HB102(廉価版SH-4)
Epiphone Les Paul Standard/Epiphone USA:Alnico Classic
Epiphone ES-335 1959 DOT/Epiphone USA:Alnico Classic
Bacchus BST-350R(改)/SeymourDuncan:SSL-1
Elioth S507/SeymourDuncan:TB-4

リフを弾く時はSchecter PT COSTOMが気持ち良いと感じていたのですが、
このピックアップはSH-4の廉価版であるHB102です。

私はどうもSH-4に属する音が好きなようです。

シェクターのPTカスタムとエピフォンのレスポールの価格帯が
ほぼ同じであることや、ネック、ボディ、ボディトップの材が
同じであること。更にミディアムスケールでトレモロレス。

そして2ハム仕様のP.U.レイアウトと共通点が多いので、
どちらかをダンカンの黄金の組み合わせと言われる
フロントSH-2n、リアにSH-4に交換してみたくなります。

配線を考えるとシェクターの方が交換は簡単ですね。(^^)
もともとSH-4の廉価版が搭載されていることですし。

エピレスを交換するとこの2本の音が似てしまいそうです。

ハイパワー系ではTone Zone、Mafia、HB102、TB-4。
ビンテージ系ではAlnico Classic、SSL-1。

単なる印象ですが我が家のリアピックアップを
2種類に分類するとこんな感じでしょうか。

昔、先輩や友人に貰ったり、オークションで入手した
ディマジオ Super Distortionやダンカン SH-4、SH-5、SH-6、
SH-14、Hot Rails、LINDY FRALIN REAL54がありました。

全て手放してしまったのですが、
今思えば残しておけば良かったです。

SH-4が欲しいという記事でした。(^^;

-・楽器/エフェクター