・VSTプラグイン

SFZ+

2014/10/31

SFZ+.gif
SFZ+ Professional

以前は60ドル(79円換算で約4800円)でしたが、
現在ではフリーウェア化されています。

いわゆるサンドフォントを鳴らせるサンプルプレイヤーで、
256ポリ、16chのMIDIポートに対応しています。

22, 32, 44.1, 48, 88.2, 96, 192 and 384 kHzの
サンプリングレートをサポートしており、
Wavでは16/24/32bitのファイルを読み込むことができます。

SFZ+ Professionalは複数のサウンドフォントを読み込むことができ、
GUIのとおり音色作りも簡単ではありますが行なうことができます。

パラアウトが出来るところも利点でしょうか。

しかし古いプラグインですし、今では安価なサンプルプレイヤーも
発売されていることを思えば、サウンドフォントの音色を試してみたい
入門用としては良いかもしれません。

SFZ+ ProfessionalはWindows専用で、VSTとDXiに対応しています。
ダウンロードはhttp://www.cakewalk.com/からになります。

Cakewalk Store→Buy Virtual Instruments
ここにSFZ+ Professionalがあるので詳細を確認できます。

購入(0円)はhttp://www.store.cakewalk.com/の
PRODUCT CATEGORIESにあるVirtual Instrumentsを
クリックするとSFZ+ Professionalが[0$]で表示されています。

購入手続きには無料のユーザー登録が必要です。

ダウンロードファイルは1.5MB程度のZIPファイルで、
解凍すると[sfz+101][sfz+DXi101]という2つのセットアップ
グログラムがあります。

このうち必要なのはどちらか1つ。

VST版はsfz+101、DXi版はsfz+DXi101です。

Windows7/64bitとCubase6.5/64bitの環境では試していないのですが、
VSTプリッジを介して32bitプラグインとして動作するハズです。(^^;

ハードディスクの整理をしていたら前に使っていた
SFZ+ Professionalが出てきたので書いてみました。

何かの参考までに。

-・VSTプラグイン