・VSTプラグイン

SDX METAL MACHINERY-2

METAL MACHINERY

TOONTRACK SDX METAL MACHINERY

2014年12月に発売されたSuperior Drummer 2.0用の拡張キット。
「TOONTRACK SUMMER SALE 2015」で半額でした。(^^)

SDX METAL MACHINERY

mh004

METAL MACHINERYはEZ DRUMMER用の拡張キットである
METAL MACHINEの製作時に収録されたサウンドの生データ。

メタルマシーンはサウンドデザインされた1GB程度のデータですが、
メタル・マシナリーは加工前のRAWデータが収録されているので
約20GBのデータとなっているようです。

METALMACHINERY04

私の場合、EZ DRUMMER2にアップグレードしてからも
メタルマシーンの使用頻度は高いです。

簡単にトラックを作りたい時はサウンドデザインされたMETAL MACHINEを、
作り込みたい時はRAWデータのMETAL MACHINERYを使うことにしましょう。

EZ DRUMMER2とMETAL MACHINERYの概要は過去に簡単に書いています。
EZ DRUMMER2 概要
SDX Metal Machinery-1

METAL MACHINERY インストール

Metal Machinery SDX

メタル・マシナリーはDVD-ROM 3枚、インストール容量は18.86GB。
インストーラの指示とおりにディスクを交換しながらインストールを進めます。

METAL MACHINERYはSuperior Drummer 2.4.1以上での動作となっているので、
インストールの前にSuperior Drummerを最新の2.4.3にアップデートしておきましょう。

SDX METAL MACHINERY

EZ DRUMMER2と違いSuperior Drummer(スーペリア・ドラマー)では
どの拡張音源を読み込んでも素っ気ない表示です。(^^;

TOONTRACKによるデモサウンド

TOONTRACKで公開されているMETAL MACHINERYのサウンドデモです。

EZ Drummer2/METAL MACHINEとの比較

せっかくなので手持ちのEZ DRUMMER2のプリセットや
Superior Drummer2.0のサウンドと比較してみます。

Superior Drummer2.0とSDX METAL MACHINERYは
何も処理を行っていない状態で再生したものです。

こうしたRAW状態の音を聴くとEZ Drummer2の手軽さがわかります。(^^)

EZ DRUMMER2 ベーシック
起動したままの状態で再生したものです。
EZ DRUMMER2 メタルプリセット
モダンキットを使用したメタル用のプリセットです。
EZ DRUMMER2 メタルマシーン
拡張キットのMETAL MACHINEを読み込んでいます。
プリセットはベーシックを選択しています。
Superior Drummer2.0
起動したままの状態、RAWそのままです。
METAL MACHINERY
起動したままの状態、RAWそのままです。
METAL MACHINERYエフェクト処理後
CUBASEで簡単にエフェクト処理してみました。

用途に応じて

DTMを再開して最初に買ったドラム音源がEZ DRUMMERだったということもあり、
使い勝手もなれているので拡張キットを追加したり「2」にアップグレードしたり。

キャンペーンで安くなっていた上位版のSuperior Drummer2.0を購入するも、
ある程度加工されているサウンドは扱いに易いので、
結局、EZ DRUMMERを使うことが多く、
拡張音源もMETAL MACHINEを使うことが多いです。

今回、METAL MACHINERYを購入したのはメタルマシーンの音で
もう少し自由度が高いエディットをしたいと思ったからでした。

メタル・マシナリーはメタルマシーンよりマイク・チャンネルが多いので、
「素」の音の段階から好みに応じた個別の処理を行うことが可能です。

同じメーカーの同じような音源と似たような音色を2つ持っている状態ですが、
簡単に作りたい時はEZ DRUMMER2+METAL MACHINE
作り込みたい時はSuperior Drummer2.0+METAL MACHINERY

こんな感じて用途に応じて使い分けても良いですね。(^^)

 

-・VSTプラグイン