・VSTプラグイン

REVerence

2014/10/20

昨日、インパルスレスポンスについて書きましたので
本日は Cubase6に搭載されているVSTプラグインREVerenceについて。

Cubase6搭載VSTプラグイン REVerence
REVerenceについてと言ってもリバーブなので
インパルスレスポンスを使用している以外に
時に書くこともないのです。(^^♪

Cubase6搭載VSTプラグイン REVerence
TOKYO STUDIO というプリセットです。
ふ~ん。こんな残響なのかとデータを見ます。

Cubase6搭載VSTプラグイン REVerence
ピアノです。

Cubase6搭載VSTプラグイン REVerence
オーケストラが演奏されているイメージのプリセットです。

実際に、バイオリン等のストリングスを鳴らしてみると
雰囲気がありました。

Cubase6搭載VSTプラグイン REVerence
イメージではピアノが示されていますが、
アコースティックギター独奏にも合いそうでした。

Cubase6搭載VSTプラグイン REVerence
このようにいろんな会場のタイプがプリセットされています。

Cubase6搭載VSTプラグイン REVerence
この他にも、教会やホール、スタジアム、スタジオ、トンネルなど
70種類ものプリセットがあるので、結構楽しめます。(^^♪

もちろんエディットも可能です。

RoomworksSE < Roomworks < REVerence
Cubase6には上記3種類のリバーブが搭載されており、
右に行くほど、多様なエディットが可能で品質も上がりますが、
処理も重くなります。

IRデータを読み込むことも出来るので、
ネットで探したIRデータを使ってみても面白いかもしれません。

何かの参考までに。

-・VSTプラグイン