・楽器/エフェクター

RCAケーブル作成

2014/10/20

本日は、オーディオケーブル作成です。

使用したケーブルは、CANARE L4E6S 2m
使用したジャックは、TOMOCA JS-65R 4個
計940円 1本のケーブルは1mとしました。

ケーブル作成は基本的に先日よりの
マイク、ギター、ベースケーブル作成と同じです。

参考としてください。

CANARE L4E6S
CANARE L4E6S は、クセのない音質としなやかなケーブルで有名です。
外側の皮膜を剥ぐと紙と糸による保護材がありました。

CANARE L4E6S
芯線4本タイプなので、キャノンマイクのケーブルにも使えそうです。
もちろんギターやベースのケーブルにも利用可能です。
その場合は、今回のようにホット2本とシールド線のみを使います。

CANARE L4E6S
事前にはんだを付け、プラグの柄の部品をケーブルに通しておきます。

TOMOCA JS-65R
ホットをピンにシールド線を外側にはんだ付けします。

TOMOCA JS-65R
CANARE L4E6S では問題ありませんが、もっと太いケーブルを使用する際は、
バネを外して使用します。こうすることで相当太いケーブルにも対応できます。

TOMOCA JS-65R
はんだ付けです。

TOMOCA JS-65R
この要領を繰り返します。

オーディオケーブル作成
はい、1セット作成完了です。

オーディオインターフェイスとモニタースピーカーを
接続するために作りました。

この CANARE L4E6S は電磁シールド処理が施されているので
ノイズに対する耐性が強いです。

マイクケーブルとしてもありがたい使用です。

今回はPC周辺の機材に使用するため、
電磁シールド処理のケーブルをチョイスしました。

何かの参考までに。

-・楽器/エフェクター