・楽器/エフェクター

PRS Dave Navarro 2

2014/11/04

Paul Reed Smith SE Dave Navarro Signature Model
Paul Reed Smith SE Dave Navarro Signature Model です。

prs02.jpg
輸入販売元はKORG。

付属のギグバック
付属のギグバックは赤色でした。
小物入れの中に更にポケットがあります。

スペックについては昨日書いたとおり。

マホガニーボディにメイプルネック、
ローズウッド指板、24フレットの仕様です。

細部を順に見てみましょう。

prs04.jpg
ヘッドにはSEである刻印とシグネチャーの刻印があります。

prs05.jpg
ペグはPRSオリジナル。
シャラー製にも見えますがOEMでしょうか。

prs06.jpg
ネックはバインディング無しのバードインレイ。
フレットはいわゆるジャンボタイプではありません。

ちなみにバードインレイは、
3F= ハヤブサ
5F= ハイイロチュウヒ
7F= ノドアカハチドリ
9F= アジサシ
12F= クーパーハイタカ
15F= トビ
17F= スズメ
19F= アシナガウミツバメ
21F= タカ
24F= アメリカオオコノハズク

様々な鳥達がモチーフになっているようです。(^^)

幅広の薄型グリップですがアイバニーズの
Jカスタムのそれより厚みはあります。

prs10.jpg
セットネックでしょう。

prs07.jpg
ピックアップのポールピースまで
ゴールドパーツになっています。

プッシュ/プルでコイルタップになります。

フィンガーボードはいわゆるR型です。

P.U.はこのギターの生産国にあるG&B社が作っているようです。
知りませんでしたがG&BではESPやB.C.RichのP.U.も生産しているようです。

prspu.jpg
サーキットはこんな感じです。
トレモロの使用感は重くも軽くもなく良い感じでした。

prs08.jpg
ブリッジの駒は平坦ではなく尻下がり型。
これがとても弾きやすく感じました。
ブリッジミュート時では尚更です。

prs11.jpg
弾きやすいといえば
ハイポジションの演奏性が高いです。
SGのような深いカッタウェイだからでしょうか。

タッピングもハーモニクスも良く鳴ります。
3フレットのピッキングハーモニクスも綺麗に出ました。

フレットも購入時に磨く必要がないほど綺麗に仕上げられており、
指板のローズウッドも指の滑りが良くベンドしやすいです。

SEはStudent Editionの略。

なるほど。
初めてギターを手にして練習するのに
これだけ弾きやすければ楽しいでしょう。(^^)

力技とは無縁のギターです。
あとはグリップと音の好みの問題でしょう。

音は軽めでP.U.出力もあまり高くないようで、
シングルとハムの良いとこ取りを狙っている感じです。
出力が低いのもピッキングがわかるようにワザとでしょう。

ホントにStudent Editionです。(^^)

定価は税込105,000円ですが、
販売終了となるため破格扱いです。

気になる方はお早めに。(^^)

gr13.jpg
もう置き場がありません。(^^;
12弦ギターは置き場がないのでハードケースに眠っています。

「いつ弾くの?」とか
「もう治ったの?」とかは無しでお願い致します。(^^;

弾く時間もあまりなければ治ってもいません。

ストレス溜まる→買って発散→ストレス解消→
お金減る→いつも以上に懸命に働く→最初に戻る。

なかなかの好循環なのです。(^^)

-・楽器/エフェクター