・VSTプラグイン

Proteus VX 3

2014/10/18

E-MUのフリーVSTi(インストゥルメント)Proteus VX です。

E-MU製品にバンドルされていたものを、現在は無償公開しています。
1,000を超える音色数とエフェクト機能が魅力のVSTiです。

過去記事:Proteus VX 1(2010/12/16)
過去記事:Proteus VX 2(2010/12/17)

今回はインストールです。
まずは解凍した中身の確認です。

Proteus VXインストール手順
「ProtVX」をクリックします。

Proteus VXインストール手順
「Setup」をクリックします。

Proteus VXインストール手順
「日本語」が選択されているのを確認して「はい」をクリック。

Proteus VXインストール手順
重要事項を確認して「次へ」をクリック。

Proteus VXインストール手順
インストール先フォルダを確認して「次へ」をクリック。

Proteus VXインストール手順
変更の必要がなければ「次へ」をクリック。

Proteus VXインストール手順
しばらく待ちましょう。

Proteus VXインストール手順
最終段階です。

Proteus VXインストール手順
必要がなけれは「いいえ」でもOKです。

Proteus VXインストール手順
インストール完了です。
さて、プログラムを起動してみましょう。

Proteus VXインストール手順
Proteus VXインストール手順
起動の際に、このアラートで出る場合があります。
後でオーディオインタフェイスの設定をすればOKです。

Proteus VXインストール手順
起動しました。

Proteus VXインストール手順
このアラートがでる場合があります。「OK」をクリック。

Proteus VXインストール手順
音色やプリセットファイルをスキャンするドライブを選択し
「Update」をクリックします。

Proteus VXインストール手順
ライブラリを初期化します。「Yes」をクリック。
Proteus VXインストール手順
ライブラリをスキャンし、更新しています。

Proteus VXインストール手順
はい。完了です。
これでスタンドアロン環境での起動は確認できました。

今度は、VSTとして起動する準備です。
DAWにProteus VXのVSTファイルがある場所を設定しましょう。

VSTは、ProgramFile(x86)の中にある
「Creative Professional」というフォルダに格納されています。

このパスをDAWに指定すればProteus VXをVSTiとして使用できます。

参考
過去記事:VSTの読込設定(2010/10/06)

-・VSTプラグイン