・VSTプラグイン

Prologue

2014/10/17

今回は Prologue です。

Prologue 使い方
Prologue は、 Cubase(Studio)5 に付属している VSTi で
アナログシンセのソフト版とでもいうのでしょうか、
非常に暖かく、厚い音色です。

やはり、得意はリード系やシンセベースですね。

Prologue 使い方
3つのオシレーターもそれぞれタイプを選択できます。

Prologue 使い方
音色もカテゴリから選択するので、簡単です。

画面下のボタンで「LFO」「ENV」「EVENT」「EFX」を切り替えて
エディットできます。

下の画面は「ENV」エンペローブのエディット画面です。

Prologue 使い方
下の画面は「LFO」のエディット画面です。

Prologue 使い方
下の画面は「EFX」のエディット画面です。

Prologue 使い方
下の画面は「EVENT」のエディット画面です。

Prologue 使い方
けっこうエディットできる作りです。
操作もマウスで直感的です。
テキトーにやってるだけでも面白いです。

私はギター弾きなので、アナログシンセの仕組みとか全然解りません。(^^;

LFO?波形? あまり解りません。
エンペローブとエフェクターは解ります。

その程度の知識ですが、マウスで触っているうちに
面白い音ができる時があります。

同じ Cubase(Studio)5 付属の HALion ONE にも同系の音色がありますが、
リード系、シンセベース系は Prologue の方が
音が生きてます。

→【Cubase検索結果へのリンク】

-・VSTプラグイン