・楽器/エフェクター

ピックアップ配線図

2016/01/25

セイモアダンカン

セイモアダンカンのサイトに様々なピックアップレイアウトに対応した
ピックアップ配線図があります。

http://www.seymourduncan.com/support/wiring-diagrams/
上記のサイトで確認できますが、例えばレスポールタイプの
ピックアップレイアウトでは、Humbucker Diagramsの中から
2 Humbuckers, 2 Volumes, 2 Tones, 3 Way を選択し、
Submitをクリックします。

すると、レスポールタイプに代表される、
2ハムピックアップ、2ボリューム、2トーン、3ウェイトグルスイッチの
配線図が表示されます。

このサイトの良いところは、表示された配線図をクリックすると
PDFファイルになるのでダウンロードして保管、印刷できるのが良いです。

レスポールタイプのギターでハムバッキングをタップする配線図は、
2 Humbuckers, 2 Volumes, 2 Tones, 3 Way, 2 Push/Pulls でしょう。

この場合は、タップ付きのトーンポットに交換する必要があります。

ハム、シングル、ハム(HSH)のピックアップレイアウトは、
HSH, 1 Volume, 1 Tone. 5 Way です。

これをコイルタップするには、
HSH, 1 Volume, 1 Tone. 5 Way, Push/Pull です。

この場合はボリュームポットがタップスイッチになっていますね。

ストラトに代表される3シングルコイルの配線では、
Strat Diagramsで、3 Singles, 1 Volume, 2 Tone, 5Way を選択します。

ジャズベースのピックアップ配線図は、
Bass Wiring Diagrams で、Standard jazz Bass を選択します。

ピックアップの配線色については、Humbucker Diagrams で
Pickup Color Codingを選択すると、セイモアダンカン、ディマジオ、
ギブソン、ビルローレンス、フェンダー、ジャクソン、ピービーの
ピックアップ配線カラーをの違いを見る事ができます。

異なるメーカーのピックアップを組み合わせて使用する時に便利ですね。

何かの参考までに。

-・楽器/エフェクター