・VSTプラグイン

POD Farm2.5

2014/10/08

5月17日に LINE6ホームページにPOD Farm 2.5が掲載されました。
同ソフトユーザは無償でバージョンアップ可能です。

POD Farm 2.5
今回のバージョンから、ハードウェア無しに動作可能になりました。
すなわち、他社のオーディオインターフェイスで使用する事ができます。

POD Farm 2.5
また、64bit版のOSを正式にサポートしたことも大きなトピックスです。
ただし、ホームページでは、WinXP.sp2/Vista.sp2のみ64bitの記載があります。

Line6製品ユーザーで無い方にも大きなトピックスがあります。

他社オーディオインターフェイスで動作可能となったことで、
「POD Farm2.5 Free」が新しくリリースされました。

POD Farm 2.5
これは新しいソフトウェアでライセンスマネージャですが、
これでライセンス管理を行ない、スタンドアロン状態や他社機器との
組み合わせでも動作できるようにしているものと思われます。

ここで、POD Farmを整理してみます。

現在は3種類(フリー版、通常版、プラチナ版)。

通常版は、99ドル、
プラチナ版は、299ドル。

それぞれの内容は、(FREE/NORMAL/PLATINUM)
ギターアンプ (2/18/78)
ギターキャビネット (2/24/24)
ベースアンプ (2/5/28)
ベースキャビネット (2/5/22)
ストンプボックス/エフェクト (13/29/97)
マイクプリアンプ (2/6/6)

POD Farmは、LINE6社のフットペダル FBV Shortboard MkIIや
FBV Express MkIIでコントロールすることもできます。

ちなみに、スタンドアロン.RTAS.VST.AU での動作が可能です。

MacOSのサポートは X 10.4.6/WinOSでは XP-Vistaとなっています。

私はWindows7/64bitとCubase6/64bitの組み合わせですが、
今のところ動作に問題はありません。(^^♪

PODxtで作ったエディットやネットでダウンロードした
エディットも読み込むことができます。

PODxtとPOD Farmで同じユーザープリセットを
弾いてみましたが確かに近い。

POD Framの方が音の角が丸い感じはしますが、
PDxtでなくても、TASCAM製でもYAMAHA製でも
Sound Blaster X-Fi Titanium HD でも
POD Farmが使えるのは既存ユーザとしては非常に嬉しい仕様です。

LINE6ユーザーでは、購入した製品によって無償でダウンロードできる
場合もありますし、既にPOD Farmユーザーの方はもちろん無償です。

また、今回登場したFREE版は誰でも使えるので
興味のあるかたは一度試してみては如何でしょう。

LINE6 POD Farmの詳細は下記で。
http://jp.line6.com/podfarm/

何かの参考までに。

-・VSTプラグイン