・写真/カメラ/天体望遠鏡

PENTAX Q-S1

2016/03/07

PENTAX Q-S1 ダブルズームキット

PENTAX Q-S1 ダブルズームキット

PENTAX Q-S1 は 2014年8月28日発売に発売された
裏面照射型CMOSセンサーを搭載した小型ミラーレスカメラです。

PENTAX Q-S1

有効画素数は約1240万画素
撮像素子のCMOSサイズは1/1.7型

今となってはさすがに見劣りするスペックです。

しかし、何故にいま購入したのか。

pq20160201

PENTAX Q 2011年8月発売
PENTAX Q10 2012年10月発売
PENTAX Q7 2013年7月発売
PENTAX Q-S1 2014年8月発売

Qシリーズは初代の「Q」から始まり毎年新機種が出ていましたが、
Q-S1以降は何の音沙汰なしの状態です。

CP+ 2016でも何の情報もない状態。(^^;

Qシリーズは秋前後に発売されていたので
2月開催のCP+ 2016で発表ということもないのでしょうが、
2年も間が開けば次は無いかもと思ってしまいます。

qlz201602

しかしQマウントレンズのロードマップには今年以降に
マクロレンズの登場がアナウンスされています。

qlz201603

古い情報かと思えば今月になって更新されたロードマップ。
今年の秋くらいには新しいQシリーズが発売されるのでしょうか。

PENTAX K-S2

Q-S1 ダブルズームキットの発売時の価格が7万円前後だったことを思うと
例え新製品が今秋に出たとしても買えないなと。
先月購入した PENTAX K-S2 ダブルズームキットの方が安いことになります。

近隣の家電量販店でペンタックス Q-S1 ダブルズームキットの
在庫状況と価格を問い合わせてみました。

「展示品のみ」の回答が多く、在庫があったのが1店舗。
価格は同じダブルズームキットでも数万円の開きが・・・。

仮に新製品が登場しても価格的に買えませんし、
その頃にはQ-S1の在庫も無い気がします。

そこで一番安いお店に在庫があったので購入しておくことにしました。(^^;

PENTAX Q10とQ-S1

左がQ-S1、右がQ10です。

PENTAX Q10とQ-S1

操作体系も同じですし、有効画素数も約1240万画素とこれも同じ。

q10qs102

Q-S1からリモコン受光部がボタンみたいになっているのですが、
ここに中指をひっかけるらしいです。

確かにQ10より持ちやすくグリップしやすいです。

CMOSサイズはQ10が1/2.3型、
Q-S1が1/1.7型と140%大きくなっています。

今はやりの高級コンデジが1型なのでQ-S1のCMOSサイズは見劣りします。

センサーと画素数カメラの豆知識③~撮像素子~で書いていますが、
私は画素数とCMOSサイズはバランスも重要だと思っていますし、
映像エンジンに左右されることも多いので、日常に使う分にはさほど気にしません。

qs1201606

どちらかが1600万画素の一眼レフで、もう一方が1240万画素のQ10です。

花を買いましたで一眼レフとQ10、コンデジで撮り比べをしていますが、
ブログサイズならどれも一緒に思えてきます。(^^;

そういえば、QとQ10は同じ映像エンジンで
Q7から新開発のQ ENGINEが採用されているとか。

Q10とQ-S1では処理スピードや色のりなど多少異なるのかもしれません。

あとはISO感度が6400から12800になっているとか、
ユニークレンズシリーズと06 TELEPHOTO ZOOM は非対応ですが、
動画中でもピントを追い続けるコンティニュアスAFが設定できたりとか。

2世代分の進化はそれなりにあります。(^^)

PENTAX Q10

Q10では追加で購入した
標準単焦点レンズ 01 STANDARD PRIME
魚眼レンズの03 FISH-EYEも使っているのですが、
CMOSサイズがことなるので、
01 STANDARD PRIME ではQ/Q10は49.5°、Q7/Q-S1では58°の画角。
03 FISH-EYEでは、Q/Q10では160°、Q7/Q-S1では173°の画角となります。

もちろん焦点距離も変わることになります。

Q10とQ-S1ではその他にも細かな違いはあるのですが、
現在の在庫状況を鑑みて、もし仮に新製品がなかったとしたら、
今買っておかないとQで遊べなくなります。

私はよく物を落とすのです。
小さな機械は壊れます。

コンデジも何回買い換えたことか。

他メーカーの最新機種と比較してQ-S1は見劣りすると書きましたが、
ペンタックスの一眼を持っているとQシリースは結構遊べます。

一眼用の200mmの望遠レンズをKマウントレンズ用 アダプターQを介して
Q-S1に使用すると200mm×5.5になるので1100mmのレンズになります。

300mmのレンズなら1650mmです。(^^)

手持ちの天体望遠鏡 Vixen PORTA II A80Mf の鏡筒焦点距離が910mm(F11.4)、
Vixen VMC110Lは1,035mm(F9.4)ということを思えば使い道も広がりそうです。

でも、Kマウントレンズ用 アダプターQを
リコー直販サイトで買うと25,509円(税込)、アマゾンでは17,553円。

何かのポイントが貯まったら欲しいのですが、
自前で買うにはチョット高いのです。(^^;

qs1201607

ちなみに PENTAX Q-S1 ダブルズームキットに付いてくるレンズは
02 STANDARD ZOOM と 06 TELEPHOTO ZOOM ですが、
ボディカラーがブラックの場合でも
06 TELEPHOTO ZOOM はシルバーカラーです。(^^)

更にちなむと、
ネットより家電量販店での在庫の方が数万円以上安い場合があります。

今年になって続けてPENTAX K-S2とQ-S1を購入したので、
デシケーターに収まりきらず、
CANON EOS Kiss X4とPENTAX Q-10は後日買い取りしてもらいました。(^^;

-・写真/カメラ/天体望遠鏡