・DTMパソコン

自作PCの電源で音が変わるか

2014/11/08

このブログではコンデンサで音が変わるかノイズタップで音が変わるか
マザーボードのチップによる違いなど書いてきましたが、
今回は自作PCの電源を交換するとどうなるかです。(^^)

subdtmpc2014

測定に使用したサブPCのスペックは、
Windows8.1 Pro 64bit+ASUS P8Z77-M PRO
i7 2600K(4コア8スレッド/3.40GHz/TB3.8GHz)
メモリ9GB、SSD RAID0 合計80GB+HDD 320GB。

 

p8z77mpro01

まずはマザーボードASUS P8Z77-M PROのサマリーです。
ダイナミックレンジは81dB。

TASCAM US-144MKII

これに電源を交換しながら TASCAM US-144MKII と
最新のASIOドライバを使用して測定してみます。(^^)

計測に使用したソフトは RightMark Audio Analyzer 6.4.0です。

剛力2 500W

いつ買ったかさえ覚えていないサブPCに使用している剛力2 500W。
80PLUS規格についての認証がないので古いものです。

goriki25001

マザーボード搭載サウンドのダイナミックレンジが81dBであったのに対し、
オーディオインターフェイス+古いPC電源でも13.8dBも改善されています。

トータルハーモニックディストーション+ノイズはプアーでしたが。(^^;

Win+ 550W

メインDTMパソコンに使っていた Win+ 550W、80PLUSブロンズ認証。
これも長く使っている電源です。

win550001

ダイナミックレンジは94.9dB。

先ほどの剛力2 500Wは94.8dB。
これは誤差の範囲ですね。

EA-450-PLATINUM

先日購入したAntec EARTH WATTS EA-450-PLATINUMではどうでしょうか。

80PLUS プラチナ認証と負荷時の変換効率も良いですし、
発売時の価格を考えても先ほどの2製品より数クラス上の製品です。

ea450001

ダイナミックレンジは94.9dB。

剛力2 500W 80PLUS 未認証 94.8dB
Win+ 550W 80PLUS ブロンズ認証 94.9dB
EA-450 80PLUS プラチナ認証 94.9dB

PC電源に関わる負荷時の変換効率認証による、
又はその為に必要な品質がオーディオインターフェイスを利用した際の
ダイナミックレンジに影響するのか。

 

影響しない。(^^)

 

使用したTASCAM US-144MKIIはUSBバスパワーなので
DTMPCの電源の質をまともに受けると思ったのですが・・・。

使用したUSBケーブルもプリンタに付いてきたオマケ的なもので、
ラインケーブルも何かに付いていた細い付属品。

今日の結論:DTMパソコンの電源を替えてもそんなに変わらない。

それでは比較サマリを列挙して本日は終了です。(^^)

summary20141108

 

 

Frequency response

fr

 

Noise level
ns

 

Dynamic range
dr

 

THD + Noise (at -3 dB FS)
thd

 

Intermodulation distortion
imd

 

Stereo crosstalk
ct

 

-・DTMパソコン