・徒然なる日常

NW-S754K

2014/10/09

NW-S754K
SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S754Kです。

近所の家電量販店でお買い得感イッパイの値段で
売られていました。

ウォークマン Sシリーズ
お買い得の理由は一世代前の商品であるためです。

s57403.jpg
これは今まで使用していた数世代前のSシリーズですが、
充電してもバッテリーの持ちが悪くなっていました。

ノイズキャンセリング機能
ノイズキャンセル機能がついているので、
イヤホンは通常の端子ではありません。

外部の騒音を集音するマイクがついているので、
ステレオミニプラグより端子が1つ多いです。

携帯電話で音楽を聞いても良いのですが、
さすがに音楽を聞きたくなる音ではない事と、
仕事でも使っているので通話用にバッテリーを
節約しなければなりません。

手持ちのCDは、ウインドウズメディアプレイヤーに
WMA Lossless形式で取り込んでいます。

CDの音質から損失なしで取り込める
コーデックをロスレスといいます。

WMA以外でもロスレス形式は多いですね。

ウォークマンはWMAロスレスを再生出来ないので
ソニーのサイトからXアプリをダウンロードして使用します。

X-アプリはソニーが提供するメディアプレイヤーです。

このX-アプリ経由でNW-S754に転送すると、
NW-S754が再生できる方式に変換して転送してくれます。

変換後のコーデックとレートはいくつかの中から
選択することができるので、ビットレートを落として
曲数を多くしたり、逆にビットレートを上げて
曲数より音質を優先する事も可能です。

ただし、X-アプリはWMA Losslessでも、著作権保護された
データは読み込めないので注意が必要です。

音ですが、これまで使用していた旧Sシリーズと比較し、
買い換えなければならないほどの音質の差はありません。

一世代前の携帯用音楽プレーヤーでも
気軽に音楽を楽しむには既に十分な音質です。

聞きたくない音の携帯プレイヤーもありますが、
Sシリーズの音は聴きこむには物足りないかも
知れませんが楽しむには十分です。

ただ買換えによって大容量になったり、
ワイヤレス機種があったりと魅力的ではあります。

ちなみに写真の付属のスピーカは
ウォークマン内蔵のバッテーリーで駆動が可能です。

また、スピーカーをコンセントに繋げば
ドッキング時に充電も出来ますが、
このスピーカーの音、私は好きになれませんでした。(^^;

充電器として使用することにしましょう。

チョット音楽を聞きたいときに
パソコンを態々立ち上げて聞くのは面倒ですし、
ステレオを鳴らせばTVを見ている家族の迷惑になるので、
私にはこのような小物が必要なのです。

何かの参考までに。

-・徒然なる日常