・写真/カメラ/天体望遠鏡

双眼鏡 New Mirage 7×50

2015/01/09

双眼鏡 Kenko New Mirage 7×50

Kenko New Mirage 7×50

ポロプリズム式双眼鏡のスタンダードタイプで、
倍率は7倍、対物レンズ有効径は50mm、実視界は6.8度、
ひとみ径は7.1mm、明るさは50.4、アイレリーフは17.8mm、
サイズは16.7cm(H)×6.5cm(D)×19.8(W)、重量は790gです。

newmirage02

安価な入門用双眼鏡ですがMADE IN JAPAN。
天体などをカメラで撮影する際にあると便利です。

newmirage03

ケンコー ニュー・ミラージュ 7×50 はケース付き。

newmirage04

ストラップも付属しています。

ニュー・ミラージュ 7×50

対物レンズの口径が大きいほど明るくクッキリ見えるので、
天体用途には50mmは欲しいところです。

倍率はあまり大きくなると暗くなることや、
ブレて安定しないので三脚などが必要になることも。

New Mirage 7×50

New Mirage 7×50のように、ひとみ径が7.1mmもあれば
瞳孔が最大に開いた状態にも対応できる仕様で、
5mm~7mmあたりのものが天体観測に向いていると言われています。

ニュー・ミラージュ 7×50の明るさは50.4ですが、
この光明度も25~49あたりが天体観測向きです。

アイレリーフは目からレンズまでの距離、長いほど見えやすいです。
メガネ使用の場合は15mmが良いと言われています。

New Mirage 7×50

月や星座を見るには7倍×50mmが一般的に最適と言われていますが、
8倍×50mm、10倍×50mm等の製品もあります。

ニュー・ミラージュ 7×50

New Mirage 7×50は安価な双眼鏡なので、
1万円を超える同じ7倍×50mmと比較すると少し淡い色で見えます。
その点、高価な双眼鏡はレンズが良いのでハッキリ、クッキリ見えます。

高倍率の双眼鏡を選ぶ場合は値は張りますがレンズの良い双眼鏡にしましょう。

 

-・写真/カメラ/天体望遠鏡