・楽器/エフェクター

MS-50G V2

2014/10/11

ZOOM MS-50G V2.0
ZOOM MS-50GのファームウェアがアップデートされVer.2となりました。

不具合の修正に加えて、なんとエフェクトが45種類も追加され、
合計100のエフェクトが使用可能なMS-50Gに生まれ変わります。(^^)

ZOOMのMS-50Gページにあるスペック表ではエフェクトタイプ55と
表示されていますが、SoftwareにあるSystem Version 2.00を
ダウンロードしてMS-50Gをバージョンアップするとエフェクト数が
100になります。

以前このブログでも簡単なレビューを書きましたが
使い方も簡単でセッティングも容易です。

評価も上々のようですし。(^^)

上位機種のMS-100BTと同じエフェクト数になったので、
大きな違いはiOSからエフェクトが購入できることと、
入力がステレオかモノラルかの違いになりました。

MS-50Gの実売価格を考えるとコストパフォーマンスが
高すぎるような気もします。(^^;

ZOOMさん・・・やるき満々です。笑

もし、MS-50Gの後継機種が出るならA3と同じように
ラインアウトと兼用で構わないのでヘッドホン出力があれば
ものすごく便利だと思うのです。

幸いZOOMにもHartkeにも小さな練習用ギターアンプは
ラインナップされてないので、自社の製品を喰うことも
ないでしょうし。(^^)

さて、まずはダウンロードしたファイルを解凍します。

MS-50G アップデート
赤い丸の2ヶ所のボタンを押しながらPCとUSBで接続します。

ZOOM MS-50G V2アップデート
するとPCではドライバがインストールされ、
MS-50GではReady for firmware update!と表示されます。

これでMS-50Gはアップデート待機状態になるので、
解凍したZOOM MS-50G System v2.00 Updaterを
クリックしてアップテートを開始します。

ZOOM MS-50G System v2.00 Updater
この画面が表示されたらExecuteをクリックして
MS-50Gのアップデートを進めます。

ms50g54.jpg
順調にアップデート進んでいます。(^^)

ms50g55.jpg
アップテート中、MS-50Gでは Now Writing...と表示されています。

ms50g56.jpg
MS-50Gのアップデートが終了すると Complet!と表示されるので、
PCのアップデートプログラムのExitをクリックして終了します。

USBを抜き、ギターをつないでMS-50Gを起動してみましょう。

ZOOM MS-50G System v2.00
MULTISTOMP MS-50G v2.00と表示されています。(^^)
これでMS-50Gのファームフェアアップデートは完了です。

追加された45種類のエフェクターはどんなものでしょうか。

COMP:
M Comp、OptComp、NoiseGate

FILTER:
Exciter、CombFLTR、Resonance、RndmFLTR、fCycle

DRIVE:
Governor、FuzzSmile、Z MP1、Z Bottom、Z Dream、
Z Scream、Z Neos、Z Wild、Lead

MOD:
Slicer、DuoPhase、WarpPhase、VintageCE、Ensemble、
VinFLNGR、DynaFLNGR、BendCho、MojoRolle、RingMod
SFX:
BitCrus、Bomber、MonoSynth、Z-Organ、AutoPan、Rt Closet

DELAY:
MultiTapD、DynaDelay、FilterDly、PitchDly、
StereoDly、PhaseDly、TrgHldDly

BBEソニックマキシマイザー風エキサイターのExciter。
入力信号のレベルに応じてエフェクト音の音量が変化するDynaDelay。
ディレイ音にピッチシフターの効果がかかるPitchDly。

このあたりが追加されたのは大変嬉しいです。

そしてHD ReverbとAirはA3を接続して使っていたのですが、
これからはMS-50G単体で使用できます。(^^)

a307.jpg
今後、Pre-Amp&Effects for Acoustic Guitar A3
ファームウェアアップデートがあると嬉しいですね。

ファームウェアがVer2.0となり、
ZOOM MS-50Gのお勧め度は急上昇です。(^^)

-・楽器/エフェクター