・徒然なる日常

モモの誕生日

2015/12/19

m01

今日はモモの誕生日でした。

anz20151202

先日、新しい家族になった「あんず」。

anz01

私の休日などの都合で市町村への登録はモモの誕生日と同じ日に。

ここからは60枚の写真が続きます。
興味のある人だけご覧ください。

m02

モモを迎えたのは2008年4月。
大阪から岡山へ帰る日に迎えました。

m03

子犬のときはヤンチャ盛り。

m03

早朝の散歩はとても眠そうでした。
岡山での生活に慣れたころに仕事の関係で奈良に。

2009年09月26日14時49分45秒

翌年、サクラがやってきました。

m05

モモはボール遊びが好きでしたが、
サクラを迎えてからはボールを譲るようになりました。

m06

仲が良いのか悪いのかわからない2dogs。(^^;
毎日笑いがたえませんでした。

m07

モモは走るのが好きでした。

m08

いつも走っています。(^^)

m09

ときには私のゴーストライターも。
なかなかのCUBASE使いです。(^^)

m10

散歩風景。

m11

これはサクラが目が見えないので
散歩中に草木が目に刺さらないようにと買ったグラスです。

結局、使わなくても大丈夫でした。(^^;

m12

2011年。
私も休日の散歩が楽しみでした。

m13

元気いっぱいに走っています。

m14

モモ画伯。

m15

暑い日は外で水浴びもしました。

m17

呼べはどこからでも駆けつけます。

m16

いくらシャンプーしても公園に行けば必ず走り回って泥だらけ。

m01

シャンプー中のモモさんです。

m18

私が曲を作ったりギターを弾いているときは邪魔をせず
近くで眠っていました。

でも時には録音中にエフェクターやワウを踏んでいたずらします。

m19

追いかけっこでは負け知らず。

m20

日頃の足腰の訓練にぬかりはありません。

m21

追いかけっこで勝ち誇っています。

m22

夜露の残る季節ではいつもビシャビシャ。
帰りの車の中も泥と草だらけでした。

m23

いつも楽しそうに遊ぶので怒れません。

m24

ちなみにこの後、サクラさんは小川に落ちました。(^^;

m26

いつもの散歩風景です。

m25

元気だったモモですが、
自己の免疫が赤血球を破壊する免疫介在性溶血性貧血を発症しました。

m27

2013年12月

ステロイドの副作用で筋萎縮があり
歩くことや走ることも難しくなりました。

もちろん常に貧血状態であるので体力も元気もありません。

先生は年は越せないだろうと。

m28

お節の包みで振袖チックなモモさんです。
なんとか年を越すことはできましたが症状は安定しません。

m29

散歩もカートで行くことが多くなりました。

m30

この頃、私も症状が悪化し
モモと同じくステロイドや免疫抑制剤を服用していました。

症状は違えど同じ薬で同じ副作用。
似た者同士のチームモモです。

m31

それでも気分転換に休日散歩はかかせません。
休日の度に車で出かけては散歩していました。

m32

見飽きた近所の散歩より
いつもと違う風景の散歩の方が楽しいのでしょう。

そんなときは少しだけ元気になります。

m33

あれだけ走り回るのが好きだったモモなので
カート散歩はつまらないのでしょう。

m34

2014年1月。
年を越せないと言われて1年が過ぎました。

m35

散歩もカートを使ったり抱えたり。
体調の良いときは短距離の散歩は可能でした。

m36

2014年3月。
この頃は少しだけ元気を取り戻しています。

m37

自分の足での散歩も増えました。

m38

表情にも明るさが戻ってきました。

m39

サクラが走っているのを見ています。

m40

すぐに疲れてしまうのであまり長く歩くことはできません。

m41

休憩しながら小刻みの散歩です。

m42

それでもモモは楽しそうでした。

m43

面倒見のよい優しいモモでしたが、
ひょうきんな所もあり「かぶりもの」が好きでした。

m44

ぬいぐるみの「ウメ」さんです。

m46

モモはドライブが好きでした。
コンビニに行くと言えば一緒に連れて行けと催促するほどです。

この日は滋賀県の琵琶湖までドライブ&散歩にでかけました。

m47

琵琶湖に到着。
少しだけ散歩してクールダウン中のモモ。

m48

サクラは目が見えないので移動中は退屈かもしれませんが、
モモは周りを見て楽しんでいます。

m49

疲れは禁物なので少し歩いたらカートで休憩。

m50

何故か琵琶湖がお気に入りのようなので
後日にもう一回訪れました。

m51

おやつキャッチの特訓中。

m52

かぶりもの好きモモさん。

m53

モモがカートに乗っていると私も乗りたいとサクラがせがみます。

m54

あまり動けない。でも渡したくない。

m55

2014年8月。
お祭りの季節です。

m56

この頃すでに私は椎間板ヘルニアを患っていたので
一度に歩ける距離はモモと同じくらいでした。

これは山の公園にある電車です。

m57

2014年11月。
モモとサクラと和歌山県白浜へ。

モモとは最初で最後の旅行となりました。

m58

2014年12月。
免疫が赤血球を破壊する免疫介在性溶血性貧血の症状が安定してきました。

服薬量もそんなに多くありません。
元気も戻ってきています。

m59

ケンカも可能な体力に。
カメラ目線で余裕の後ろ足キックです。

m60

怒られてもこんな感じ。

m61

2015年1月12日。
元気いっぱいに走れるまでに。

1月18日、公園に行った時も元気いっぱいに走り回っていました。
1月24日、廊下を歩く時に右後ろ足が滑ったように見えました。

椎間板ヘルニアの最重度であるグレード5で
8%の併発確率といわれる進行性脊髄軟化症に。

7日後、モモは旅立ちました。

正確に言えば旅立たせたのは私です。

m62

これは旅立つ前日の写真。
私はいつも写真を撮っているのでチームで写った写真がありません。
妻に撮ってもらいました。

この7日間のことは星になったモモに記録していますが、
あまり読み返すことはありません。

モモはキッチンが好きでした。
もちろんお裾分けを狙ってのことです。

モモの遺骨はキッチンの奥にあります。
お供えもありますが、いつでも好きな時にツマミ食いしてください。

遺骨の一部は私のキーホルダーに入っています。
いつでも一緒にドライブできます。

好きな時についてきてください。

モモ、誕生日おめでとう。
そしてあんずを宜しく頼みます。

-・徒然なる日常