・楽器/エフェクター

Mockingbird

2014/10/14

エレクトリックギター モッキンバード
B.C.Rich Mockingbird Exotic Classic

デニーズの紙ナプキンの落書きから生まれたことで有名なモッキンバードです。

ボディ中央から下の木目が鬼の顔にも見える事から、
我が家では「夜叉」と呼ぶ事にしました。(^^♪

Mockingbird
メーカーは普通のシャイプを探すのが難しいというか、
変形ギター専門のイメージもあるB.C.リッチです。

B.C.リッチ モッキンバード
スルーネックをエボニーでサンドイッチしています、
ネックグリップは太目のカマボコ型。

Ibanez j.COSTOM と対極に位置するグリップです。(^^♪

ウエスタン・グリップでの演奏が
ストレスなく自然な握りで可能でした。

音は明るく、音像感があるというか
とてもハリのある音で、R&Rが良く合いそうです。

HMでもモコモコとした不明瞭な音になり難いので、
ツインギターのバンドでは重宝しそうです。

あとはアンプでプレゼンスを持ち上げると、
ピッキングハーモニクスがギュンギュンきます。

クリーントーンでは、昔懐かしい80年代のHR/HMで聴かれる
あのトーンそのままです。深めのリバーブが似合いそうです。

メイプルネック&エボニー指板と
マホガニーボディでエッジを残しつつ
ウォームかつブライトといった印象です。

B.C.Rich Mockingbird Exotic Classic
ピックアップはロックフィールドのハム×2、
コイルタップなど洒落た機能はございません。(^^♪

B.C.リッチ 変形ギター
コントローラーは、
フロントPUボリューム、リアPUボリューム、
マスタートーン、3WAYセレクターです。

なので、フロントかリアのピックアップボリュームを
ゼロにした状態でセレクターを切り替えると、
断続的に音を切断するスイッチング奏法が可能です。

また、セレクターを真ん中にすると、
フロントPUボリュームとリアPUボリュームで
各ピックアップをブレンドすることができます。

先程、明るい音と書きましたが、
リアPUにフロントPUを若干ブレンドすることで、
ダークな印象にも変化します。

ミディアムスケール24フレット&ジャンポフレットは、
運指も楽であり、ウエスタングリップとの相性が良い
ネックシェイプであるので、ボーカルギターにお勧めかもしれません。
しかし、モッキンバードでボーカルギターという「画」は、
ビジュアル的に演奏ジャンルが決まってしまいますね。(^^;

モッキンバード シェイプ
このモッキンバードというギター。
変形ギターでありながら実に弾きやすいのです。

座って弾く際も、膝にモッキンバード特有の角のアーチが
実によく馴染むのです。

そして、胸に当たる部分も角が取れているので、
ソロを弾く際に前屈みになっても痛くありません。

「座って弾く」での弾き易さは、
我が家のギターの中でダントツ一位です。

膝の上での安定感はバツグンです。

これは以外でした。
モッキンバード エキゾチック クラシックは、
クラシックな音もモダンな音も出るギターでした。

何かの参考までに。

-・楽器/エフェクター