・DTM機材

KORG iM1 for iPad

im102

KORGから iM1 for iPad Mobile Music Workstation がリリースされました。
記念セールとして2015年6月30日まで3.6千円が2.4千円となっているようです。

m1_20130120152914

KORG M1といえば、1988年発売の61鍵シンセサイザーで
8trシーケンサと16ポリの機種、当時の価格は248,000円。

KORG初のPCM音源となるai(advanced integrated) Synthesis System、
俗にいうai音源を搭載した機種でした。

コルグの経営難を救ったシンセと言われていますし、
M1RやM3Rなどのラックモデルや派生モデルも数々登場しました。

M1シリーズの高機能版であるTシリーズもありましたね。(^^)

私と同じくらいの年代の方では
M1が置いてあったスタジオも多かったと思います。

Music Workstation 01/Wを覚えていますでしょうか。

嘘か誠かは知りませんが
M系の最新として開発されていたシンセの名称が「M10」、
社内で何故か逆に読まれて01Wになったという都市伝説もありました。

im103

そんな懐かしいM1がiPad版となって帰ってきました。(^^)

PCMはオリジナルM1のライブラリーが搭載され完全再現されているようです。

M1用PCM ROMカード、M1EXのサウンド、
M1の進化版であるTシリーズの拡張カードと合わせて
34枚のカードが網羅された3,300の音色とあります。

ただし、34枚のカードというのはアプリ内課金も含む
全拡張サウンドROMカードの総数ということらしいです。

M1 Cards Pack、T1 Cards Packは各600円。(^^)

コルグの公式動画です。

nanopad204

私はM1の音色欲しさにnanoKONTROL2を購入し、
KORG Legacy CollectionのM1を使っています。

m2_20130407200045

レガコレ版M1の同時発音数は256音、
音色数は3,300以上に加えてユーザプリセット400種類。

当時は高価で沢山買えなかったオプションROMも
このM1には全19種類のオプションROMカードのPCMデータとプログラム、
コンビネーション・データが全て入っており、
現代の音楽にマッチした音色も追加、
そしてTシリーズの音色も追加されています。

レガシーコレクションのM1は「最強のM1」と言えますね。(^^)

iM1 for iPadは、レガシーコレクション版M1と
課金で音色をプラスすればほぼ同じ内容であるといえます。

M1の実機を所有している方は少ないのかもしれませんが、
レガコレのM1やiM1 for iPadで作成した音色は
それぞれで共有することができるそうです。

「実機のM1と共有」これには少し驚きます。

Lightningアダプタ経由でMIDIキーボードを使用することもできますし、
GarageBandやCubasis等のiPad対応DAWでDTMすることもできます。

mk252015

MIDIキーボードでは私はnanoKey2は「何か違う」(笑)と思っているので、
小さいものでは25鍵のmicroKEY25あたりが手ごろかと思います。

mk612015

microKEY61では最初からKORG Legacy Collection(Win/Mac)が
スペシャル・バンドルされています。

microKEY25はiPad Camera Connection KitでiPadと直接接続でき、
microKEY37/61では電源供給ができるUSBハブを経由して接続すれば
iPadで使用することが可能となります。

昔実家にあった実機M1....。
この歳になってこれほど恋しくなるとは思いませんでした。(^^;

 

-・DTM機材