・写真/カメラ/天体望遠鏡

上弦の月 2016_10_09

上弦の月

今日は「上弦の月」です。

PENTAX K-S2 f/8 1/320秒 ISO-800 300m
smc PENTAX-DA L 55-300mm F4.5-5.8 ED

レンズはPENTAX K-30 Wズームキットに付属していたものです。


月を撮るのは意外と簡単

2016100901_moon

三脚を使用することが前提ですが、シャッタースピードを上げれば手持ち撮影でも綺麗に撮ることができます。

これは撮ったままの状態。

シャッタースピードは1/320あたりで風の影響による三脚のブレも少なくなります。

絞りは3段くらい絞った方がシャープになります。

周囲の明かりや天候にもよりますがISO感度は800あたりまででしょうか。

撮影状況により1/320、絞り3段分、ISO-800の組み合わせを調整します。

あとはサッと画像処理してトリミングすれば完成です。(^^)

PhotoScape(フリーソフト)を使って超簡単に

2016100904

「シャープ」して「トリミング」だけ。(^^)

2016100905

こんな感じになります。

SILKYPIX Jpeg Photography 7 を使ってみる

2016100906

市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Jpeg Photography 7 を使って少し細かく調整してみます。

上弦の月

こんな感じになります。

2016100907

PhotoScapeでの結果と比べると赤枠あたりの処理がさわやかです。

さわやかって表現も変ですが。(^^;

拡大すると月の輪郭に色収差目立つのですが、SILKYPIX Jpeg Photography 7で処理した方が結果が良いような気がします。

PhotoScapeで処理すると色収差も一緒に誇張される感じです

ちなみにどちらもJPEG撮影での結果です。

これから気候も良くなりますし夜空も綺麗です。
一番身近な天体なので一度撮影してみましょう。(^^)

 

-・写真/カメラ/天体望遠鏡