・楽器/エフェクター

GT-100 -3

2014/11/05

GT-100 ver2
先日からGT-100 Version2.0を使ってみて、メーカーサイトを
少し見ただけでは分からない情報を書いてみます。

コンプのモデリングでは、CS-3、MXR DynaComp、
ORANGE SQUEEZERの他に特徴の異なるコンプが選択できました。

歪み系では、BD-2、DS-1、DS-2、OD-1、OD-2、TS-808、
Proco RAT、GUV’NOR、DISTORTION+、METAL.ZONE、FUZZFACE、
Big Muff πの他に特徴の異なる歪みが選択できました。

プリアンプでは、JC-120は当然のことながら、
Fender社のTwin Reverb、Pro Reverb、Bassman、Deluxe Reverb。
VOX AC-30TB、Matchless D/C-30、MESA/Boogie コンボ・アンプ、
DUAL Rectifier、Marshall 1959、Hughes & Kettner Triamp、
Soldano SLO-100、Peavey EVH5150。

キャビネットも様々なタイプが用意されていましたが、
それを集音するマイクモデリングの機種は、
Shure SM57、ゼンハイザー MD-421、AKG C451B、
Neumann U87がありました。

エレアコのピックアップ出力をマイク録り風の音にする
AC. PROCESSORでは、箱鳴りや集音特性をSMALL、MEDIUM、
BRIGHT、POWERで設定できました。

2X2CHORUSはL,Rともに2バンドのコーラスが設定されているので、
合計4基のコーラスになっているようです。

ローとハイで異なるコーラスが掛けれるのは良いですね。

ディレイではリバースディレイも可能でした。
他にアナログ風、テープ風、モジュレーションが加わるディレイも。

このディレイ音にモジュレーションは掛かる音、
私はかなり好きでPOD HD500でもよく使っています。

リバーブもAMBIENCE、ROOM、HALL1、HALL2、
PLATE、SPRING、MODULATが用意されていまた。

ゲートリバーブが無いのが残念です。

昔、BOSSのコンパクトエフェクターで
Super Distortion & Feedbacker (DF-2)という機種がありました。

後にSuper Feedbacker & Distortionと改名されましたが。(^^;

これはDS-1のアナログ回路に加えてデジタル回路で作成した
フィードバックを出力していたモデルです。

GT-100にフィードバック奏法みたいな音になる
FEEDBACKERがあったのでDF-2を思い出しました。

DF-2もGT-100の効果も単音に対して有効なので、
実際のアンプをフィードバックさせるのとは少し異なるのですが、
何となくの雰囲気は味わえるのです。(^^)

これらに加えてシステムバージョン2から、
BGNR UB MetalとORNG Rock Reverbの2種類のアンプが追加、
Tera Echo, Overtone, A-DISTの3つのエフェクトが追加、
Rotary 2とAcoustic Guitar Simulatorが追加、
ギターの単音演奏信号からMIDI情報へ変換が可能、
USB オーディオ機能の拡張によりReAmpも可能、
6弦同時のポリフォニック・チューナー機能追加。

gt101025.jpg
しかし、GT-100は多機能です。

様々な音を作ることが出来ますし、
プロギタリストが作成したパッチをダウンロードして
使用できるというメリットもあります。

HD500ではユーザーは作成したパッチをダウンロードできるので、
ありがたみが少し違うかなと。(^^)

gt101024.jpg
また、GT-100ではシステムのアウトプット端子の設定で、
JC-120、SMALL AMP、COMBO AMP、STACK AMP、JC-120 RETURN、
COMBO RETURN、STACK RETURN、LINE/PHONESに変更できます。

もしGT-100の音がイメージと違う場合は、
この設定を確認して所有している機器に合わせてみましょう。

HD500でも電源の50Hz/60Hzの設定や入力のインピーダンスを
変更すると音のイメージが変わる場合があります。

gt101023.jpg
どちらの機種もセンドリターンがあるので、
「HD500 in GT-100」とか「GT-100 in HD500」で遊べます。
すこし残念なのはHD500のセンドリターンはステレオ仕様なのですが、
GT-100はモノラル仕様のようなので、「GT-100 in HD500」では
HD500を活かしきれないところでしょうか。

それでも使い方としては面白そうです。(^^)

-・楽器/エフェクター