・VSTプラグイン

FXチャンネル

2014/10/25

Cubase等のDAWで各トラックにエフェクト掛けますが、
案外と負荷が高くなることがあります。

これには、
1.全体的に多用しすぎ
2.高負荷なVSTを多く使用している
3.VSTブリッジを使用しているVSTプラグインが多い

この様な場合に高負荷となります。

全体的に多用しすぎはともかくとして、
このような高負荷な状況を回避する方法としては
FX(AUX)チャンネルを利用するという方法があります。

例えば、異なるトラックに同じ設定のエフェクトを使用する場合、
トラック個別にVSTエフェクトを使用するより、FX(AUX)チャンネルに
エフェクトを起動して使用すれば、VSTの数を減らす事ができます。

センド、リターンのようにVSTエフェクトを使用するイメージです。

また、同じ設定を各トラックで繰り返さなくても良いので
作業効率が上がりますし、なにより面倒が減ります。

Cubase6では、
FX センドチャンネル/8
FX リターンチャンネル/64

CubaseArtist6では、
FX センドチャンネル/8
FX リターンチャンネル/64

CubaseElements6では、
FX センドチャンネル/8
FX リターンチャンネル/8

CubaseAI5では、
FX センドチャンネル/8
FX リターンチャンネル/8

CubaseLE5では、
FX センドチャンネル/8
FX リターンチャンネル/8

現行のCUBASEシリーズではこのような仕様です。
それでは、FXチャンネルの設定方法です。

FXチャンネルトラック追加
通常のトラック作成と同じ手順で、
FXチャンネルトラックを追加します。

FXチャンネル作成
FXチャンネルトラックを追加します。

FXトラック
この手順で必要な数だけFXチャンネルを作成します。

FXチャンネルへのセンド
各トラックからのセンドを行うには、
ミキサー画面でどのFXチャンネルに送るかを設定します。

FXセンド
そして選択したFXチャンネルへのセンドを有効にして、
どのくらい送るかを設定します。

FXへのエフェクトとリターン
あとは、ミキサー画面などを利用して使用するエフェクトを選んだり、
リターン音量の調整を行います。

FX1などの名前は変更可能なので、
「ギターコンプ」などに変更すれば判りやすくなります。

センド量によってドライ&ウェットや
FXからのウェットのみの調節も可能ですね。

同じ設定のエフェクトを複数のトラックに使用する場合は、
FXチャンネルを利用すると設定が楽ですし、
PCの負荷を下げることも可能です。

何かの参考までに。

-・VSTプラグイン