・DTM機材

FURMAN SS-6B-その後

FURMAN SS-6B

以前、パワーディストリビューター FURMAN SS-6B(当時の記事) を購入し、
DTM関連の機器を接続してノイズ対策としておりました。

FURMAN(ファーマン)のパワーディストリビューター SS-6Bの詳細は
購入時の記事にまとめて書いておりますので興味のある方はご参考までに。

さて、あれから数年が経過し、所有する機器もDTM部屋も変わりました。
はたして FURMAN SS-6B はしっかり働いているのか。(^^)

というのもSITE2913さんのサイトで興味のある記事を拝見したのがきっかけでした。
FURMAN SS-6Bを購入!電源のクリーン化による音質への影響を確認

チョット私も確認です。(^^)

test10001

まずは前提条件として同じ電圧がきているのかどうか。
壁コンセントをテスターで計測。100Vです。

SS-6B201402

FURMAN(ファーマン)のパワーディストリビューター SS-6Bで損失がないか確認。

test10002

先と角度が少し違うのでアレですが目視で100V。条件は同じです。

あ~、既にもうお判りでしょう。
そう、いつもの調子で長くなります。(^^)

TASCAM US-144MKII

PCは電源の宝庫。別途ACアダプターで動作するオーディオインターフェイスより
USBバスパワーで動作するTASCAM US-144 MKIIの方が電源からのノイズなどの
影響を受けやすいでしょう。

RightMark Audio Analyzer 6.4.0

計測に使用したソフトは RightMark Audio Analyzer 6.4.0。
バージョンが上がってフリー版でもASIO環境での測定が可能になりました。

その前にせっかくなので TASCAM US-144MKIIのサマリを見てみましょう。

us144mk20141

安価なインターフェイスでしたがダイナミックレンジは良い感じ。(^^)

それでは早速なのですが結論から先に。

us144mk20142

DAWでよく使う設定の44.1kHz/24bitで計測しましたが、
壁コンセント直とSS-6Bを通した結果は・・・同じ・・・。(^^;

Frequency_response_201401

RightMark Audio Analyzer test: Frequency response

 

ns

RightMark Audio Analyzer test:Noise level

 

dr

RightMark Audio Analyzer test:Dynamic range

 

thd

RightMark Audio Analyzer test: THD + Noise (at -3 dB FS)

 

imd

RightMark Audio Analyzer test: Intermodulation distortion

 

ct

RightMark Audio Analyzer test: Stereo crosstalk

 

以前のDTM部屋では低域にノイズ減少の変化が見られたのですが、
この部屋では何の変化もありません。

今の時季はエアコンや扇風機などを使用していないので
電源から混入するノイズが少なかったのかも知れません。

意地になって Toscanalyzer でも測定してみました。

Toscanalyzer

こんな測定内容が判るのですが、
これも結果は同じなのでもう書きません。(^^;

ちなみに私はこのソフトで作った曲の
周波数分析や帯域ごとの分布を見ています。

結論:
この部屋&今の季節は電源から混入するノイズの影響を受けていない。

また時季を変えて部屋移動、機器変更があったら計測してみましょう。(^^)

 

-・DTM機材