・VSTプラグイン

ecoMAP

2014/10/27

ドラムマップを作成してBFDecoでの入力効率を上げましょう。

BFD eco
さて、fxpansion BFDecoの起動直後の画面です。
このままでは音は鳴りません。
赤枠の中でキットなどを呼び出しましょう。

ドラムキットの呼び出し
もちろん私はメタルキットです。(^^)

ミキサー設定の呼び出し
ミキサー設定も呼び出せます。

eco04.jpg
セットのプリセットも豊富です。

キーマップの呼び出し
さて、ドラムマップと合わせるために対応するキーマップを呼び出します。

eco06.jpg
ここではマニュアルに記載のあるキーアサインで
マップを作りますので、「BFD eco」を選択しておきます。
では、CUBASEを起動します。

VSTiのトラックを作成し、BFDecoを選択。
数小節のトラックを作成してドラム入力の画面を開いておきます。

eco07.jpg
画面左下のドラムマップ設定をクリックします。

eco08.jpg
ドラムマップ設定ウインドウが開くので、
ここで自分で作成してもよいですし、メーカー提供のドラムマップが
ある場合は、ここで読み込みます。

ここでは私が作ったBFDeco用のドラムマップを読み込みます。

eco09.jpg
私は結構作っていますね。(^^;

入力効率が上がるので、同じ音源でもキットによって
作り替えていることもあります。

保存した場所を指定して、読み込むドラムマップを選択します。

eco10.jpg
読み込まれたDrumMapはこの欄に表示されます。

複数のドラム音源のVSTiを使う場合は、
予めここに対応するDrumMapを全て読み込んでおきます。

eco11.jpg
先程読み込んだDrumMapを選択します。

これで自分好みの音色の名前と並び順のドラムマップで、
ドラムの入力が効率よく簡単に行えます。

eco12.jpg
とりあえず音色毎の名前は極力付属していたマニュアルの名前とし、
並び順は自分の打ち込みクセに合わせて作りました。

ドラムキットによっては同じ音が鳴る名称もありますが、
キットを変えると別々の音色がなるものは並べて表示しています。

map01.jpg
参考までに、私の作ったCubase用BFDecoドラムマップを
ダウンロード出来るようにしておきました。

アドレスはhttp://hwm7.gyao.ne.jp/shelly/です。
※現在は公開しておりません。
zip形式で圧縮しています。

map02.jpg
また、ダウンロードにはパスワードが必要です。
パスワードは「pdaw」です。

ブラウザのセキュリティ警告が出るかもしれません。
ネットの世界も自己責任の世界ですので、気になる方はお控えを。

何かの参考までに。

-・VSTプラグイン