・作曲/理論/音響

DTMでクラシック

2014/11/04

cr01.jpg
楽器屋さんで面白そうな本を見つけたので買ってみました。(^^)
「DTMでクラシック」ヤマハミュージックメディアから発行されています。

MIDIデータ、オーディオデータ、
A4版PDFデータの譜面がCD-ROMに入っています。

cr02.jpg
PCがあなたの意志を自在に反映する専属オーケストラへと
早変わりするとありますが、私が私の意志を正確にデータ化しないと
PCがヘナチョコ楽団へと早変わりしてしまいます。

熟読しましょう。(^^)
発行がヤマハ関連会社なので使用しているDAWはもちろんCUBASE。

cr03.jpg
一部大人の事情で処理しています。(^^;

挿絵をみると、CUBASE6.5の画面をみることができます。
GM2対応データはHALion Sonic SEで再生するのでしょう。

私はHALion Symphonic Orchestra VST Sound Instrument Set を
追加で購入しているので、この音色に変更して聴いても面白そうです。

cr04.jpg
カノン進行という言葉まで生まれた、
パッヘルベルのカノンも収録されています。

この進行を使用すると以後にヒット曲に恵まれないという
「カノンの呪い」という都市伝説まで発生した、
誰が使用しても気持ちの良い流れになるコード進行です。(^^)

ホルストの文字も見えます。
ちなみにジュピターです。

cr05.jpg
右ページは大人の事情です。(^^)

このように大きく譜面が記載され、
ポイントに分けて解説されています。

簡単なストリングアレンジも打ち込みに気を使えば
期待以上の効果を発揮すると思うので革めて勉強です。

そういえば昔、パソコン通信のニフティ掲示板で、
J-POPやクラシックのMIDIDATAを作成しては
アップロードしていた頃を思い出しました。

懐かしいです。(^^)

-・作曲/理論/音響