・VSTプラグイン

ダウンロードしたプラグイン

CUBASE AI8

CUBASE AI8

現行の最新バンドル版CUBASEはAI9ですが、手持ちではUR22mkII購入時のCUBASE AI8です。

YAMAHA KX25

このブログを始める少し前から趣味としてDTMを再開し、その際に購入したMIDIキーボード YAMAHA KX25に付属していたCUBASE AI4でDAWというものを知ったというか、DAWの機能を使いました。

それまで使っていたYAMAHA XGWorksやSOLでも録音機能があったのでDAWといえばDAWなのですが、その前からの流れでシーケンサーソフトしてしか利用していなかったので、DAWとしての機能を使ったのはCUBASE AI4が初めてとなります。

ちなみに初めて使ったシーケンサーソフトは1996年2月にDTMセットYAMAHA Hello!Music!80に付属していたCUBASE LITE PLUS!

CUBASE とは縁があるようです。(^^)


ダウンロードしたプラグイン

CUBASE AI4を使い始めた頃にフリーのVSTプラグインがあることを知り、エフェクトプラグインだけでなく音源のプラグインもあるので、興味があるものをダウンロードして使っていました。

当時はDAWが不安定になったり、プラグインが起動しなかったりも多かったです。

アップデートプラグラムも含まれていますし、フォルダでメーカーやプラグイン効果でカテゴライズしていたり、有償、無償が混在していますが、これまでに使用したことのあるダウンロードしたプラグインです。

CUBASE9シリーズからは64bit版プラグインのみサポートされるので、この中にはCUBASE9シリーズで動作しないプラグインもあります。

そんな時はサブPCが活躍。(^^)

サブPCはHDDの切り替えでWindows7/32bit、Windows8.1/64bit、Windows10/64bitが起動できるようにしているので、過去バージョンの製品版CUBASEやバンドル版CUBASEを起動してプロジェクトを立ち上げています。

サブ機にインストールしてあるCUBASEは、
CUBASE AI4、LE5、AI6、AI7、LE8、AI8
WaveLab LE 8
CUBASE Studio5、CUBAE6,7,8の最終バージョン

あとはドライバが無いので音を出せませんが、Cubase Lite Plus、レコンポーザー95、YAMAHA SOLを昔作ったデータをスタンダートMIDIファイルとして書き出したり、動作だけを見て楽しむためにインストールしています。(^^)

他にはフリーDAWのPreSonus Studio One PRIME、Avid Pro Tools First、Ableton Live 9 Liteをインストールしています。

時々、昔作ったプロジェクトを開こうとすると起動時に「あれとこれのプラグインが無いよ。」とか警告が出ます。

CUBASE9シリーズでは32bitプラグインはサポートされてないので、過去のプロジェクトで32bit版のプラグインを使用しているものはそのプラグインを使用できません。

そんな時はサブ機で過去バージョンのCUBASEを起動してプロジェクトを立ち上げるのですが、プラグイン名は判ってもインストールプログラムの名前が判らなかったり。

また、64bit版や最新版を探すとき、このブログでプラグイン名を検索してメーカー名やダウンロード先、インストールの方法、プログラム名称などを調べます。(^^;

まさに自分のためのブログなのです。笑

それでもそろそろダウンロードしたプログラムを整理しなければ。(^^;

 

-・VSTプラグイン