・DAW

CUBASE7のフリーズ回避法

2014/11/04

Windows8 64bitにCUBASE7 64bitをインストールして使用していますが、
お気に入りで使用しているVSTプラグインの一部は32bitのままです。

この場合はVST Bridgeを介して動作しているのですが、
時々CUBASEがフリーズする不具合を起こす場合もあります。

そんな時は必ずと言っていいほど、
しばらく保存しないで作業していた時なのです。(^^;

保存時にフリーズすることもありますが。笑
最近はクラッシュっていうのでしょうか。

そもそもVST Bridgeは32bitから64bitへVSTプラグインが
移行する際の過渡期的な役割なのでしかたないです。

もし、保存していない状態でCUBASEがフリーズしたら・・・。

試しに[Ctr]l+[Alt]+[Delete]キーを同時に押して
タスクマネージャーを起動してみましょう。

vb01.jpg
プロセスのタブに「VSTBridge(32bit)」があると思います。

これを手動で終了させてやるとCUBASEのフリーズ状態が
解除されて保存できる状態になる場合があります。

VSTBridge(32bit)を選択して右クリックで
「タスクの終了(E)」で終了できます。

その際にVST Bridgeとの接続が・・・というエラーが表示されますが、
無視してプロジェクトの保存だけしておきましょう。

その後CUBASE7を終了します。

そのまま再度CUBASEを立ち上げても起動しますが、
念のためPCを再起動しておくとメモリもリフレッシュされます。

保存時にエラーを出したVST Bridgeは
次に起動した時に正常に起動するので、
フリーズ前の作業の続きを始めましょう。(^^)

この時に、今後のことも考え32bitプラグインを
外して他の64bitプラグインに代替するのが安全です。

使用しているプラグインが32bitか64bitか判断できない場合は、
CUBASEのメニューにあるデバイスからプラグイン情報をクリックします。

vb02.jpg
32bitプラグインには挿絵のように[win32]と
記載があるのでここで確認することができます。

現在のアップデート適用では非常に安定していますが、
古いプロジェクトを立ち上げた時のための予備知識で。(^^)

-・DAW