・DAW

Cubase6到着

2014/10/18

本日、Cubase6が届きました。
始めてのフラッグシップグレード購入です。

Cubase6 ミュージック・マスターガイドDVD
Cubaseとの出会いは、YAMAHAのHELLO!MUSIC!80 人生最初のDTMです。
この時、フロッピーディスクに入った Cubase Lite とDTM音源 MU80 から
随分と長い間趣味として続いています。

音源はその後 MU500、シンセも何台か所有した後、現在の電子ピアノへ。

DAWは紆余曲折しました。
Cubase Lite → レコンポーザ95 → XGworks → 同Ver2 →
→ 同Ver3 → SOL → CubaseAI4 → CubaseStudio5 →
→ Cubase6

レコポのマウスを使わない数値入力は、慣れれば相当速かったですし
XGworks、SOLは MUシリーズの音源を使っていたのでかなり重宝しました。

これより前は、4trカセットMTRでピンポンやったり、
ZIPドライブのRoland VS-840 8trのMTRでした。

そういえば、QY10やQY300を持っていた時期がありました。
その後ですね、MTRに興味を持って、DTMの流れです。

ひと通りの熱が冷めて、
SOL2が発売された時期より以降、あまりDTMをしていません。

またDTMを始めようと思い、YAMAHA MIDIキーボード KX25 を買いました。

これに付いていた CubaseAI4 で最初のCubaseLiteの頃を思い出し、
一気に今日のCubase6まで至る訳です。

CubaseAI4の時はもう浦島太郎状態です。

VSTってこんなに便利だったっけ?
SOLの頃に付いていた、YAMAHA S-YXG50。

ソフトシンセでMU50相当の音源でしたが、重いしハードと比較して
音が悪いやらでVSTにあまり良い記憶がなかったので、CubaseAI4で
随分と印象は変わりました。

気が付けばDTMで歌を唄わせている世の中です。

ソフトウェアシーケンサーからDAWに名前も変わりました。
ネットでセッションも出来る時代です。

ホントに浦島太郎です。(^^;

そんな昔を振り返りながら、
さっそく Cubase6 をインストールしてみましょう。

-・DAW