・DAW

Cubase PRO 8.5 新機能 ワークフローの改善

Cubase 8.5での新機能は VST Transit、Retrologue 2、
ワークフローの改善となっていますが、
その中で作業をする上でかなり助かるワークフローの改善について。

◆ワークフローの改善

主な改善点はトランスポート & 録音ワークフロー、ミキシング & トラック操作、
MIDI 編集、操作性とワークフロー、コードパッドの改良、
MediaBayラックの6項目となっているようです。

すべてを列挙して書くのは面倒ですし、
私は使わない機能もあるので気に入った機能をいくつかだけ。(^^;

パンチイン/パンチアウト

pp201501

パンチイン/パンチアウトのポイントを
ループ範囲とは別に設定できるようになりました。

これまでは白い旗の範囲をループにしてパンチインアウトしていたのですが、
新しくパンチイン/アウトを赤旗の範囲で設定できるようになりました。(^^)

別に何でもないようなことなのですが、
ループレコーディングを行うときに不便と言えば不便だったのです。

ループ範囲とパンチ範囲を別で設定できる。

なにげに便利です。(^^)

鉛筆ツールの強化

pp201502

なんの変哲もないピアノロールの画面です。
そしてたった3音の白玉音符です。

3つの音に異なるベロシティーを与える場合、
ベロシティー設定を変えて1本づつ描く。

手間ですね。(^^;

pp201503

1音づつ選択してベロシティーを変更する。

これも手間。
カーソルの移動距離もあるのでマウスをグリグリ動かします。(^^;

しかし今度は音を描いてそのまま鉛筆ツールを上下すれば
ベロシティーが変わるのです。

そして「ATL」キーを押せばそのまま音程変更も可能なのです。

ツーっと描いた一連の動作でベロシティーと
音程の変更ができるのは便利です。(^^)

トラックの読み込み

pp201504

PRO8.5のみの機能ですが他のプロジェクトから
任意のトラックを読み込めるようになりました。

オーディオデータ、MIDIデータはもちろんですが、
オートメーションやEQ、ルーティング設定も読み込まれます。

pp201505

読み込みたいプロジェクトを選択し、そしてトラックを選択します。

 

他にもコードパッドの使い勝手がよくなっていたりと
便利に進化しているようです。

スタインバーグの公式サイトではワークフローの改善について
簡単にしか書かれていないのですが、掲載してある公式動画で
機能強化された機能とその使い方について知ることができます。(^^)

 

-・DAW