・DAW ・VSTプラグイン

Cubase PRO 8.5 新機能 Retrologue 2

Retrologue 2

Cubase Pro 8.5でアナログシンセの Retrologue は Retrologue 2 となりました。

オシレーターの数が2基から3基となったことや、
32ステップのアルペジエーター、エフェクトの追加、プリセットの追加など
DAW付属のアナログシンセとしてはかなり高機能になりました。

バンド編成の曲を作ることが多いので、
個人的にはあまり使っていない音源なのですが、
この見た目は気に入っています。(^^)

retrologue202

アルペジエーターはドラッグ&ドロップでCubaseに書き出すこともできますし、
MIDIに変換して編集することも可能になっています。

retrologue203

エフェクトもいくつか追加されています。

Phaser、Reverb、4バンドEQ、3バンドResonator、Ensemble
上記5種類のエフェクトが追加されました。

retrologue204

Retrologue 2 では400以上のプリセットが追加されています。

Retrologue 1 Factory、Retrologue 2 Factoryに分類されているので
新しいプリセットから音色を探すのも簡単です。

Retrologue 1 FactoryとRetrologue 2 Factoryのプリセットを聴き比べると、
オシレーターを3基使用した新しいプリセットの方が音が太い感じがします。

スタインバーグによる公式デモトラックです。

昔のアナログシンセをモデリングしたアナログシンセも良いですが、
このような現代的なアナログシンセも良いですね。(^^)

 

-・DAW, ・VSTプラグイン