・DAW

Cubase El/AI/LE 7.0.6 公開

2014/11/04

VOCALOID Editor for Cubase NEO
CUBASE7全シリーズでVOCALOID Editor for Cubase NEO
使用できるようになったことがアナウンスされておりました。

VOCALOID Editor for Cubaseは1.0.4以上、
Cubase AI7/LE7/Elemnets7は7.0.6以上の組み合わせとありました。

このことは2013年10月09日に発表され、
同日にボカキューはVer.1.0.4リリース。

ai701.jpg
あとはCUBASE側の対応を待っている状態でしたが、
10月24日にCubase Elements/AI/LE 7.0.6が公開されました。

これで当初、Cubase7、Cubase Artist7のみ
対応していたVOCALOID Editor for Cubaseは
バンドル版を含む全グレードで使用できるようになりました。

となると、VOCALOID Editor for Cubaseと歌声ライブラリ以外に必要な
バンドル版のキューベースが付いているオーディオインターフェイスの
最安機種はスタインバーグ UR22、コントローラーではCMCシリーズです。

アップデータはボカキューはYAMAHAのサイト。
CUBASEはスタインバーグのサイトになります。

当初はUR22のみCubase AI6からAI7へのパスが用意されていましたが、
現在はUR28Mなどへと拡大しています。

マイスタインバーグに製品を登録している方は
AI7がダウンロード可能になっていないか確認してみてください。

-・DAW